ホーム | 連載 | 2007年 | 身近なアマゾン――真の理解のために | 身近なアマゾン(26)――真の理解のために=インディオの「月」の解釈=ネグロ川上流できく

身近なアマゾン(26)――真の理解のために=インディオの「月」の解釈=ネグロ川上流できく

2007年1月20日付け

 □空を見上げて月に想う[ネグロ川上流のインディオ部落にて](2)
 今回、イサナ川の山奥のインディオ部落で、サッペ小屋(ヤシの葉で屋根を編んだ小屋)でインディオの作ってくれた夕食を食べた後、涼しい川原の砂に座って、降ってくるような星を眺めつつ色々考えていた。そこに親しくなった人達がやって来て、色々話になった。むらさき色に近い青の夜空に、大きな月と落ちてきそうな星がランランと輝いている。
 そこで月の話になった。筆者は、日本では月に現れた模様が〔ウサギが餅をついている〕ように見えている、と言った。月に関する昔からの言い伝えについて、かぐや姫なんかの話を拙いポルトガル語で説明した。そのお返し、というのではないだろうが、彼らもいろいろ月にまつわる話を始めた。
 愉快なおじさんがいた。その人は、ここからまだ上流のベネズエラ領域で生まれて、十歳になった頃、川を下ってこのブラジルに流れて来た、というカボクロ(インディオと黒人の混血)。彼が話すには「あの、月に表れるあの絵、あれはこの地ではサン・ペドロという神様なんだ。そのサン・ペドロのおじさんがあそこで、一体何をしているか、分かりますか?」
 「分からないよ、日本人の私には分からない、良かったら話してよ」
 筆者の横に座って、彼が話し始めた。
「あの月の絵はね、サン・ペドロが、しゃがんで一生懸命地球にある砂の数を一つずつ数えているんです。砂の数なんか、いつまでたっても数えられないよね。そのサン・ペドロという神様はちょっと間が抜けている神様なのか、そんなところに時々悪魔がやって来て、サン・ペドロの耳元で囁くんです《この砂を数え終わったら地球に最後が来るから、早く数えなさい》と。盛んにそそのかすんです。しかし、サン・ペドロが手に持った器に一粒ずつその砂を数えていって、砂がいっぱいになりかけると、どこからか鳩が現れて、その器に体当たりをくれて、ひっくり返すんだよ。サン・ペドロは落ちた器を拾って、また砂を数え始める。そういうことを太古の昔から繰り返しているうちに、時間が経って、現在も地球が終わらないでいるらしいんです。今もこうして地球が終わらないでいるよね。ありがたいもんだ。だから、鳩は平和のシンボルと呼ばれているのかもしれないね。それからね、サン・ペドロが数えている砂は、砂ではなくて、死んだ人の数なのだ、という話もあるそうですよ。どうなんですかね」
 そんな話を聞いていて、あの編集長だった鈴木さんもサン・ペドロの数えている砂の一粒になってしまったんだ、と思って、改めて満月の夜空を見上げた。
 鈴木さんとは、とうとう会えずに終わってしまったのだ。大きな喪失感が残っている。つづく(松栄孝)

身近なアマゾン(1)――真の理解のために=20年間の自然増=6千万人はどこへ?=流入先の自然を汚染
身近なアマゾン(2)――真の理解のために=無垢なインディオ部落に=ガリンペイロが入れば…
身近なアマゾン(3)――真の理解のために=ガリンペイロの鉄則=「集めたキンのことは人に話すな」
身近なアマゾン(4)――真の理解のために=カブトムシ、夜の採集=手伝ってくれたインディオ
身近なアマゾン(5)――真の理解のために=先進地域の医療分野に貢献=略奪され恵まれぬインディオ
身近なアマゾン(6)――真の理解のために=元来マラリアはなかった=輝く清流に蚊生息できず
身近なアマゾン(7)――真の理解のために=インディオの種族滅びたら=言葉も自動的に消滅?
身近なアマゾン(8)――真の理解のために=同化拒むインディオも=未だ名に「ルイス」や「ロベルト」つけぬ
身近なアマゾン(9)――真の理解のために=南米大陸の三寒四温=一日の中に〝四季〟が
身近なアマゾン(10)――真の理解のために=アマゾンで凍える?=雨季と乾季に〝四季〟感じ
身近なアマゾン(11)――真の理解のために=ペルー国境を行く=アマゾン支流最深部へ
身近なアマゾン(12)――真の理解のために=放置、トランスアマゾニカ=自然保護?改修資金不足?
身近なアマゾン(13)――真の理解のために=クルゼイロ=アクレ州の小川で=狙う未知の魚は採れず
身近なアマゾン(14)――真の理解のために=散々だった夜の魚採集=「女装の麗人」に遭遇、逃げる
身近なアマゾン(15)――真の理解のために=眩しい町サンタレン=タパジョス川 不思議なほど透明
身近なアマゾン(16)――真の理解のために=私有地的に土地占有=貴重な鉱物資源確保目的で
身近なアマゾン(17)――真の理解のために=近年気候変異激しく=東北地方、雨季の季節に誤差
身近なアマゾン(18)――真の理解のために=ピラニアよりも獰猛=サンフランシスコ川=悪食ピランベーバ

身近なアマゾン(19)――真の理解のために=異臭発しても観賞魚=円盤型、その名の意味は?
身近なアマゾン(20)――真の理解のために=ディスカスの自衛方法=筆者の仮説=「あの異臭ではないか」
身近なアマゾン(21)――真の理解のために=タパジョス川の上流に=今は少ない秘境地帯
身近なアマゾン(22)――真の理解のために=ゴールドラッシュの終り=河川汚染もなくなった
身近なアマゾン(23)――真の理解のために=環境破壊を防ぐ行動=国際世論の高まりのなかで
身近なアマゾン(24)――真の理解のために=乱開発された土地に大豆=栽培の競合もつづく
身近なアマゾン(25)――真の理解のために=コロンビアとの国境近くで=知人の訃報をきく悲哀
image_print

こちらの記事もどうぞ