2019年6月6日の記事一覧

アマゾンやアマゾン基金の行方は?

 「世界環境デー」の5日を目前にした4日、ブラジル政府がノルウェーとドイツに「アマゾン基金」の規定変更に関する提案書を送付との記事が流れた。08年創設の同基金は、法定アマゾンの保護や保存が目的で、資金の大半は両国からの寄付だ▼同基金の使用目的は、アマゾンの自然破壊の予防と監視、不法伐採撲滅で、伐採後の森林の回復や再生可能な経済活 ...

続きを読む »

観光客誘致を狙うブラジル=インフラ、治安の改善が鍵

マルセロ・アルヴァロ・アントニオ観光相(Roberto Castro/Ministerio do Turismo)

  マルセロ・アルヴァロ・アントニオ観光相(Roberto Castro/Ministerio do Turismo)  連邦政府が、国内経済停滞時にも着実に外貨を獲得できる観光産業を後押ししている。観光産業は成長ペースは減速しているものの、依然としてプラス成長を保っている。  1月に発表された、国連世界観光機関(UN ...

続きを読む »

《ブラジル》社会保障制度改革に地方公務員は含む?=すでに断念ムードの連邦政府=「選挙に響く」と議員ら反対=州や市は切実な声上げるも

サムエル・モレイラ報告官(Arquivo/Agencia Brasil)

サムエル・モレイラ報告官(Arquivo/Agencia Brasil)  経済省が進めようとしている社会保障制度改革において、連邦公務員に課そうとしている保障変更を州や市の公務員には適用しないものとする動きが連邦議会で広がっている。これに対し、全国の市で、州や市の公務員も社会保障制度改革の一環として組み込むよう、法的に訴える動 ...

続きを読む »

《ブラジル連邦検察庁》ルーラ元大統領への夜間、休日限定禁固刑容認の意見書提出=「完全に正しい」と弁護側

ルーラ氏が服役しているクリチーバ連邦警察(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)

ルーラ氏が服役しているクリチーバ連邦警察(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)  ブラジル連邦検察庁(MPF)が高等裁判所(STJ)に、「サンパウロ州グアルジャー市の高級三層住宅に関する収賄と資金洗浄の罪で禁固刑となっているルーラ元大統領は、セミアベルト(夜間、祝休日限定の禁固)の権利を有する」と ...

続きを読む »

《ブラジル》史上最悪、殺人犠牲者6万5千人=北部、北東部での増加目立つ

6日付BBCニュースの記事の一部

 応用経済調査院(IPEA)とブラジル治安フォーラムが5日、17年の殺人事件の犠牲者は6万5602人、人口10万人あたり31・6人で、史上最悪の記録となったと発表したと5日付現地紙サイトが報じた。  この数字は保健省の統計資料を基に集計されており、13年~17年の死者は、15年に減少した以外は右肩上がりだ。  殺人事件の犠牲者増 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領=免停ポイントを2倍に緩和?=道路交通法改正法案を提出

 ボウソナロ大統領は4日、下院に道路交通法修正法案を提出した。その法案では免停までのポイントが従来の20点から40点に大幅に緩和されるなど、交通事故の増加が懸念される内容となっている。5日付現地紙が報じている。  この修正法案では、免停までのポイントが2倍になるだけでなく、65歳までの運転手は免許の更新期限が5年から10年に延び ...

続きを読む »

リオ州=インフルエンザで28人死亡=予防接種の期間が延長される

ブラジル各地で予防ワクチン接種キャンペーンが行われている。(参考画像・Tomaz Silva/Agencia Brasil)

 リオ州保健局は5日、今年に入ってからこれまでに州内で発生したインフルエンザ患者は105人で、内28人が死亡しと発表した。同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  これは昨年全体の死者数30人にほぼ匹敵する(昨年の年間罹患者数は233人)。  保健局によると、死者の内23人は、ワクチン接種キャンペーンの対象者だったとしている。 ...

続きを読む »

《ブラジル》ジュカー元上議、LJ作戦で起訴される

 元上議で現民主運動(MDB)党首のロメロ・ジュカー氏とトランスペトロ元社長のセルジオ・マシャド氏が、4日にパラナ州連邦検察から汚職容疑で起訴された。   起訴状には、「ジュカー氏はガルボン・エンジェニャリア社にトランスペトロ社からの契約を斡旋し、謝礼として、選挙献金の形で100万レアルの賄賂を受け取った」と書かれている。 ※こ ...

続きを読む »

東西南北

 4日、過去の政権の教育相6人がサンパウロ総合大学(USP)に集合し、ボウソナロ政権の教育費削減に対する抗議の声明を発表した。記者会見の場には、昨年の大統領選でボウソナロ氏と大統領の座を争ったフェルナンド・ハダジ氏をはじめとする労働者党政権時代の教育相4人に加え、コーロル政権やイタマル政権の教育相までがズラリと集まった。6人は、 ...

続きを読む »

日本語教育推進法が衆院通過=伯国側要望を20日に意見交換=「参院審議中、今月成立へ」

今年の4月4日に東京で夕食懇談会を行なった日下野理事長、河村建夫衆議院議員、坂本哲志衆議院議員

 ブラジルの日本語教育界への朗報である『日本語教育推進法』が、日本の衆議院を通過して参議院で審議中だ。それを受け、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)は「『日本語教育推進法』についての意見交換会」を今月20日(木、聖体祭休日)の午後1時~3時まで、聖市ビラ・マリアーナ区の同センター講堂(R. Manoel de Paiva ...

続きを読む »