2019年6月15日の記事一覧

《ブラジル北東部》レシフェ周辺で大雨被害=7人が死亡、不明者2人

 ペルナンブコ州州都のレシフェ市とその周辺の市が、13日に豪雨に見舞われ、死者や行方不明者が出る事態に陥った。  レシフェ大都市圏を見舞った雨は、12時間で半月分の降水量に達するほどの豪雨で、各地で洪水や土砂崩れ、倒木などを引き起こした。  レシフェ市近郊のカマラジベ市では、午前11時頃に土砂崩れが起き、建設中の1軒を含む、民家 ...

続きを読む »

《ブラジル》14日 全国的だが腰砕けのゼネスト=州都などで交通機関に支障=予想より規模小さく限定的=社会保障制度改革への影響は?

サンパウロ市地下鉄バラ・フンダ駅(Nacho Doce/Reuter)

 14日、社会保障制度改革と教育費カットに反対するゼネストが全国規模で行われ、各地の交通機関などが麻痺する事態に襲われた。14日付現地サイトが報じている。  サンパウロ市では、労組側が当初、「地下鉄、CPTM(都電)、SPトランス(バス)」は「24時間の全面スト」と宣言していたが、実際にはCPTM、SPトランスは100%運行した ...

続きを読む »

《ブラジル》サントス・クルス大統領府秘書室長官解任=オラーヴォとの権力争いで敗北か=連邦議会は再び調整役失う

サントス・クルス氏(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

サントス・クルス氏(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)  13日、カルロス・アルベルト・ドス・サントス・クルス大統領府秘書室長官が、解任された。ボウソナロ政権では3人目(軍人閣僚では初)の解任で、ボウソナロ大統領らが信奉する極右思想家のオラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏や大統領の息子たちからの圧力と、オ ...

続きを読む »

《ブラジル》社会保障制度改革=下院委員会で意見書朗読=経済効果は1兆1千億レ

報告官のモレイラ下議(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

報告官のモレイラ下議(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)  【既報関連】下院特別委員会で13日、政府提出の社会保障制度改革に関する憲法補足法案(PEC)に対する意見書が朗読されたと13、14日付現地紙、サイトが報じた。  特別委員会で朗読されたのは、報告官のサムエル・モレイラ下議(社 ...

続きを読む »

《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力

 ブラジルのみならず、南米、南欧圏でも活躍したジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏が14日未明、心筋梗塞を起こした7日から入院中だった、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院で死去した。76歳だった。14日付現地サイトが報じている。  1943年にサンパウロ市で生まれ、同市ビシーガ地区で育ったロッシ氏は、63年にカスペル ...

続きを読む »

《ブラジル最高裁》同性愛者への差別は違憲と判断=議会での審議の遅れも批判

最高裁大法廷での審理の様子(Nelson Jr./SCO/STF)

 【既報関連】ブラジルの最高裁が13日、同性愛者らへの差別を人種差別と同様の犯罪行為とみなす事を決めたと13、14日付現地紙、サイトが報じた。  同性愛者、両性愛者、性転換者、女装男性(LGBT)らに対する差別は、言葉や態度による侮蔑、暴行などの形で表面化する。近年は同性愛者らを殺害する事件も増えるなど、社会問題としての深刻さも ...

続きを読む »

東西南北

 14日のゼネストでは、サンパウロ市でも、とりわけ午前中に通勤、通学の足に支障をきたした人が少なくなかった。民営化されていてストに不参加だった地下鉄4号線、5号線の利用者は、1~3号線の部分運行されていた区間との接続が良く、ほとんど通常と変わりなく利用できたという。ただし、部分運行だった1~3号線の利用者は、運行区間に届くまで、 ...

続きを読む »

NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」

記者会見を行った三山ひろしさん、松前ひろこさん、中村仁美さん

 「“移民の父”水野龍が同じ土佐の出身だという事で、ブラジルにとても縁を感じています。ぜひ見に来てください」――13日に来伯したばかりのNHK紅白歌手、三山ひろし(38、高知県)がそう語ると、伯人記者団は嬉しそうに笑顔をうかべた。日本移民111周年を記念して、明日16日(日)から聖市の文協大講堂(Rua Sao Joaquim, ...

続きを読む »

サッカー日本代表=公開練習で現地日本人と交流=750人が応援に集まる

練習を行う選手

 コパ・アメリカに参戦するため、12日にブラジルに到着したばかりのサッカー日本代表は、早速翌13日に聖市バラ・フンダ区にあるサンパウロFCトレーニングセンターで公開練習を行った。日系学校の生徒や駐在員ら約750人が見学と応援に訪れ、選手たちに大きな歓声を送っていた。  公開練習は午後4時頃開始。1時間半程軽く体を動かしたのみだっ ...

続きを読む »

コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日に聖市で大事な初戦

17日の日本対チリ戦のチケット

 14日から始まったサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)。6月14日から7月7日まで伯国内で開催されるこの大会では、5都市、6会場で試合が行われる。  そのうち、日本代表は17日午後8時から、聖市モルンビ・スタジアム(Praça Roberto Gomes Pedrosa, 1, Morumbi)でチリ代表との大事な初戦を控えて ...

続きを読む »