2019年6月5日の記事一覧

【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】心より感謝申し上げます=宗教法人世界救世教いづのめ教団理事長 小林昌義

小林昌義理事長

 本日はブラジル宣教本部竣工50周年、誠におめでとうございます。今日の日を迎えられましたことを、大神様、明主様に心より感謝申し上げます。  この宣教本部の建設当時の信徒数は約11,180人であったと聞いております。当時、建設の道のりは決してたやすいものではなかったことと思います。  しかし、そのような逆風の中にあっても、明主様の ...

続きを読む »

【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】歴史=本部竣工から50年で180万人=青年布教団が拡大の転換点に

1995年11月に竣工したグァラピランガ聖地

▼第一歩は中村嘉寿衆議  ブラジルの地を踏んだ最初の救世教信徒は、中村嘉寿(かじゅう)衆議院議員だったという記録がある。中村衆議は、終戦後に日本移民を再開すべく、日本政府から伯国へ派遣された内の一人だった。  また1954年には、全世界へ布教の準備を進める岡田茂吉師の思いに感化された佐藤晃子さん(てるこ、18)が、布教開拓のため ...

続きを読む »

《ブラジル中銀》経済動向予測調査フォーカス=14週連続でGDP成長率予測を下方修正

 ブラジル中銀が毎週月曜に発表する市場調査「フォーカス」最新版が3日朝、発表された。それによると、各金融機関が予測した今年のGDP成長率の平均は1・13%で、先週出された予測値1・23%より0・1%ポイントダウンとなった。19年のGDPの予測値は、これで14週連続での下方修正となった。  フォーカスは「来年のGDP成長率予測」も ...

続きを読む »

《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に

サンパウロ市の鉄道停止件数のグラフ(3日付G1サイトの記事の一部)

 施設老朽化なども原因か、1~4月のサンパウロ市の地下鉄と郊外電車(CPTM)の停止件数が、昨年同期比37%増の52件に達した。この数字は、2011年の情報公開法の発効後、最悪となっている。  機関別の運行停止件数は、地下鉄34件、CPTM18件(昨年同期は32件と6件)となっている。停止件数は、原則的に、ある区間の電車の走行が ...

続きを読む »

ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行

 昨年の大統領選挙期間中、当時大統領候補だった現大統領のジャイール・ボウソナロ氏のキャンペーン・ジングルも担当したことで知られていたファンキ歌手のMCレアサ(26)が1日、サンパウロ州ヴァリーニョスで遺体で発見された。  タレス・ヴォルピ・フェルナンデスことレアサは、1日夜、ドン・ペドロ高速道116キロ地点で遺体で発見された。傍 ...

続きを読む »

《ブラジル》暫定令871号、異例の月曜夜の上院採決=年金などの不正受給防止令

ダヴィ・アルコルンブレ上院議長( Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

ダヴィ・アルコルンブレ上院議長( Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)  連邦上院議会は3日夜、国立社会保険院(INSS)から支給される年金や恩給の不正受給防止関連暫定令(MP871号)を、賛成55票、反対12票(ダヴィ・アルコルンブレ議長は投票せず)で承認した。3、4日付現地各紙・サ ...

続きを読む »

《ブラジル》世論調査で「民主主義に不満」が約6割=「最高裁閉鎖辞さず」約4割=政治家への不信感も強く

調査結果を伝える4日付フォーリャ紙電子版の一部

調査結果を伝える4日付フォーリャ紙電子版の一部  最新の世論調査で、ブラジル人の6割近くがブラジルでの民主主義のあり方に不満を感じており、4割近くは「大統領が最高裁を閉鎖してもよい」と思っているとの結果が出たという。4日付フォーリャ紙が報じている。  このデータは「アメリカ・バロメーター(LAPOP)」という調査によるもので、同 ...

続きを読む »

《ブラジル》国家衛生監督庁が吸入インスリンを承認=糖尿病の治療に新たな道?

Afrezzaの吸入器(Divulgacao)

 国家衛生監督庁(Anvisa)が5月30日に糖尿病治療薬として、吸入インスリンの使用を認め、3日付の官報に掲載したと4日付現地紙、サイトが報じた。  Anvisaが承認したのは、米国のバイオテク医薬品会社マンカインド社が開発したAfrezzaだ。この薬はヒト遺伝子組み換え型の超即効型のインスリンで、粉状で販売されている。  患 ...

続きを読む »

チリでブラジル人の少女2人が事故死=アンデス山脈での土砂崩れで

 3日、チリのアンデス山脈の岩山が土砂崩れを起こし、観光で訪れていた7歳と3歳のブラジル人少女が死亡する事故が起きた。3日付現地サイトが報じている。  亡くなったのは、マラニョン州バカバル出身のカーリダ・トラブルシ・リスボアちゃん(3)とイザドーラ・ブリンジェルちゃん(7)で、両親や他の観光客らと共にバスを降り、徒歩で進んでいた ...

続きを読む »

《ブラジル工業生産》4月は前月比0・3%増=鉱業の低迷が足を引っ張る

機械工業などは生産を伸ばしてはいるが…(参考画像・Ag. Brasil)

機械工業などは生産を伸ばしてはいるが…(参考画像・Ag. Brasil)  ブラジル地理統計院(IBGE)は4日、4月の工業生産高は、3月比で0・3%増だったと発表した。同日付現地サイトが報じている。  この4月の生産増も、3月に記録した1・4%の減産分を埋め合わせることはできず、今年1月から4月までの累積生産高は、昨年同期比で ...

続きを読む »