2019年7月20日の記事一覧

《ブラジルサッカー》ブラジル杯4強出揃う=リーグ戦無敗のパルメイラスはPK戦で涙

 7月7日にブラジルの優勝で幕を閉じたコパ・アメリカの興奮もさめやらぬまま、ブラジル国内サッカーは過密日程を次々と消化している。17日には各地でブラジル杯準々決勝第2試合が行われ、ベスト4進出チームが決定した。    初戦を1対1で引き分けていたアトレチコ・パラナエンセとフラメンゴは、2戦目も同一スコアで引き分け、決着はPK戦に ...

続きを読む »

《ブラジル》前史時代の爬虫類の化石=11歳の少年が見つける

 ブラジル北部のアクレ州ブラジレイアで、11歳の少年が、前史時代の爬虫類の化石を見つけた。  父親のジョゼ・ミリタン氏(58)と共にアクレ川に釣りに来ていたロブソン・カヴァウカンテ君が、川岸で何か感触の違うものを踏んだのに気づいたのは11日。  翌日、現場に戻ったミリタン氏が鍬などを使って注意深く掘ったところ、化石だと判明。少年 ...

続きを読む »

《ブラジル》社会保障制度改革=経済省特別局長が中間報告=削減規模は原案比25%減=それでも前向き姿勢崩さず=下院の審議再開は8月から

ロジェリオ・マリーニョ特別局長( Wilson Dias/Ag. Brasil)  【既報関連】社会保障制度改革案は、先週、下院で1回目の基本文書と修正動議の承認が達成された。議会休会明けの8月に下院2度目の審議が開始され、その過程で歳出削減規模が小さくなる可能性はあるものの、現状の歳出削減効果は今後10年間で9335億レアル規 ...

続きを読む »

リオ市=マレー地区で長身の銃25丁押収=麻薬8・5トンに手榴弾も=同州では史上最大の押収量

 リオ市警とリオ軍警が18日、リオ市北部のマレー地区にある複合ファヴェーラ(スラム街)で犯罪組織一掃作戦を実施し、コカインその他の麻薬8・5トンと長身の銃25丁を含む火器30丁などを押収したと、18、19日付現地紙サイトが報じた。  18日の一斉検挙で押収されたのは、火器30丁(小銃23丁、機関銃2丁、散弾銃2丁、短身の機関銃1 ...

続きを読む »

《ブラジル》連邦検察次期長官候補が及び腰=大統領の反感を恐れる?

ラケル・ドッジ連邦検察庁長官(Paulo Matos/TV Brasil)  【既報関連】ジアス・トフォリ最高裁長官が16日に下した、「司法の許可を得る前に金融監査機関(Coaf、国税庁、中銀など)のデータを使用して行われた犯罪捜査を一時停止とする」の決定が、ジャイール・ボウソナロ大統領の長男、フラヴィオ・ボウソナロ上議(社会自 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領「息子優遇の何が悪い?」=駐米大使任命問題で放言連発

エドゥアルド・ボウソナロ下議(Paola De Orte/Ag. Brasil)  【既報関連】ブラジルのジャイール・ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)は18日、自分の三男、エドゥアルド・ボウソナロ下議(PSL)を駐米ブラジル大使に指名する考えを再度強調した。18、19日付ブラジル各紙・サイトが報じた。  「私が自分の息子を ...

続きを読む »

フェンシングでブラジル初の金=アナ・マルセラはOWSで2冠

 ハンガリーのブダペストで開催中のフェンシングの世界選手権で18日、ブラジルのナタリー・モーリャウセン(33)が個人戦女子(エペ)で金メダルを獲得し、ブラジルのフェンシング界に初の金メダルをもたらした。  世界ランキング22位のナタリーは、世界ランキング13位のシェン・リン(中国)を相手に決勝戦を戦い、常にポイントが先行する積極 ...

続きを読む »

東西南北

 ブラジル最大手石油公社ペトロブラスは19日、パラナ州パラナグア港近くに停泊していたイラン船籍の船2隻への給油を行わなかったと表明した。同社は「給油を行うと、米国による制裁を受ける可能性があった。伯国には当社以外にも船に給油出来る企業がある」とした後、「該当規約が遵守されている限り、顧客の給油要求に答えるとの約束は変わらない」と ...

続きを読む »

「多様化する教育現場に対応」=全伯日本語教師研修会を開催=日本や中国から講師が来伯

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)は18~20日の3日間、「第62回全伯日本語教師研修会」を行っている。マット・グロッソ・ド・スル州、ブラジリア連邦直轄区など遠方含め、全伯から44人の日本語教師が情報交換や指導技術向上のために参加。18日午前の開講式では、関係者や来賓による挨拶、日本語教師認定証授与式などがあった。   ...

続きを読む »

新宿日本語学校の江副校長来伯=日本語センターが顕彰プレート

 7月18~20日に行われている「第62回全伯日本語教師研修会」で講師を務めるために来伯中の、学校法人江副学園新宿日本語学校の江副隆秀校長(68、東京都)と、広報・ポルトガル語担当のルイス・マルチネス先生(37)が18日に来社し、新しい江副式の教材や日本の日本語教育業界の現状について語った。「120人の生徒がいる」というフランス ...

続きを読む »