2019年7月6日の記事一覧

《ブラジル》21年のU20W杯招致にも意欲=今年10月にはU17W杯開催

 ブラジルが2021年のU20W杯の招致を目指していることが明らかになった。  2年おきに開催され、今年はポーランド開催だった同大会の2年後の開催を巡っては、ブラジルの他に、ペルー、インドネシア、ミャンマー、タイの2カ国共催、サウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)の3カ国共催と、四つのライバルがいる。  開催を希 ...

続きを読む »

《ブラジル》6月の生活必需品製品群、平均価格が発表=調査17市中10市で価格減

スーパーで食料品や生活必需品を買う人々(参考画像・Tania Rego/Ag. Brasil)  ブラジル労組間社会経済調査・統計所(DIEESE)は4日、国内の主な州都17市での、生活必需品セット(セスタ・バジカ)の平均価格を発表した。  それによると、6月は、調査対象の17市中10市で、セスタ・バジカの平均価格が下降したが、 ...

続きを読む »

《ブラジル》アルゼンチンの格安航空会社参入=10月からブエノスアイレス―リオ便運行

フライボンディ社の航空機(Divulgação Flybondi)  アルゼンチンの格安(ローコスト)航空会社フライボンディが10月からブエノスアイレス―リオ・デ・ジャネイロ便を就航する。  ブラジルの民間航空監督庁(ANAC)によると、同社が運航するブエノスアイレス―リオ・デ・ジャネイロ便は、週3便のペースで営業を開始する。 ...

続きを読む »

《ブラジル》社会保障改革=下院特別委で意見書承認=修正動議の審議は未明まで=軍警、教員への恩恵否決=議案は下院本会議での審議へ

特別委員会の採決結果を伝えるボード(Lula Marques)  【既報関連】下院特別委員会で4日午後、社会保障制度改革案に関する意見書の基本文書(texto-base)が賛成36、反対13で承認された。修正動議(destaque)の審議は5日未明まで続いたが、ボウソナロ政権の最重要課題は今後、下院本会議での討議、採決へと移る。 ...

続きを読む »

《ブラジル》ヴェージャ誌がモロの新疑惑次々と=クーニャのデラソンに反対?=ルーラの親友逮捕も命令か

5日発売のヴェージャ誌  ヴェージャ誌は5日発売号で、「ジ・インターセプト・ブラジル」の協力による情報漏洩で浮上した、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)担当判事時代のセルジオ・モロ法相の新たな疑惑を報じた。  それによると、同法相は、エドゥアルド・クーニャ元下院議長(民主運動・MDB)の報奨付供述(デラソン)に対し、中身を聞く前から反 ...

続きを読む »

《ブラジル》ブルマジーニョで新たに2人の遺体を発見=別の鉱山では70人退避

 1月25日に発生したミナス・ジェライス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊事故現場で3日夜、新たな遺体が発見され、4日夜、身元も判明したと4日付現地紙サイトが報じた。  事故発生から5カ月以上を経ての遺体発見は、152人の消防士らのたゆまない努力の結果だ。  新たな遺体は、8メートルに及ぶ鉱滓の下に埋まっていた。ズボンのポケットには ...

続きを読む »

リオ五輪=元知事が票を買ったと明かす=買われた委員にはブブカも

 五輪招致に関わる汚職容疑で取調べを受けている元リオ州知事、セルジオ・カブラウ被告は4日、16年リオ五輪招致にあたり、200万ドルで国際五輪委(COI)メンバー9人を買収したと供述した。5日現地各紙が報じている。  カブラウ氏の供述に上がった、買収された9人のメンバーには92年、96年の五輪で4個の金メダルを獲得したロシアの元ス ...

続きを読む »

《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末

 サンパウロ市のカトリック総合大学(PUC)のキャンパスで4日、同大卒業生が刃物で刺されて死亡する事件が起きた。5日付現地紙が報じている。  事件が起きたのはサンパウロ市中央部にある同大学のコンソラソン校舎で、午後4時30分頃、昨年卒業したブルーノ・ダ・シウヴァ・ジニスさん(27)が、門番のジョゼ・ドミンゴス・ジニス容疑者(59 ...

続きを読む »

グラッサ・ミネイラ=日系人客が3割占めるミナス料理店

 「うちのお客様は3~4割が日系人や日本人。ミナス料理が好きな日本人は多いのよ」――創業者のマリア・ダス・グラッサス・オリヴェイラ・ホシさんは、笑顔でそう語った。  「グラッサ・ミネイラ」は、メトロのサンタクルス駅から徒歩5分程度の好立地にある。店の外にもテーブルが置かれ、洒落た内装は2階まで続く。  創業は1993年9月24日 ...

続きを読む »

東西南北

 今回、ヴェージャ誌を通じて大きく報道された「ヴァザ・ジャット」報道の中に、クーニャ氏やブンライ氏に関してほど深刻なものではないが、国民の多くが気にしそうなものがある。グローボ局の名物司会者ファウストンと会ったモロ氏が、そこで得た「人前で話すためのアドバイス」を、ラヴァ・ジャット捜査官に「裁判の際の心得」として教えていた、という ...

続きを読む »