2019年7月2日の記事一覧

【サンタクルス病院開院80周年祝う】永田筑波大学長ら9人来伯=サンパウロ市議会が記念顕彰

 在ブラジル日本人同仁会が1939年4月29日に落成し、「日本病院」として親しまれたサンタクルス病院(石川レナト理事長)。その開院80周年記念事業が6月1日から5日までの5日間開催された。1日には日本から筑波大学、今川医療福祉グループ、現地のサンパウロ州総合大学(USP)と共に「第4回サンタクルス病院日伯学術協力セミナー」をサン ...

続きを読む »

【サンタクルス病院開院80周年祝う】病院でも学術交流の第2弾=今川医療福祉グループJH講演

 6月4日には、同病院で「第4回サンタクルス病院日伯学術協力セミナー」の第2パートの講演会で、同病院と筑波大学の医師らが登壇した。筑波大学附属病院の平松祐司副病院長が日本での小児心臓手術技術と心臓インプラントについて説明。さらに同大学からは田中秀峰医師、丸島愛樹医師も自身の研究を発表した。同病院からは、脳神経外科医の西国幸四郎医 ...

続きを読む »

コパ・アメリカ=ネイマール不在で新星が台頭=世界も「リトル・オニオン」と注目のエーヴェルトン

 サッカーのコパ・アメリカは2日に準決勝を迎えるが、「この大会で最も飛躍した選手」として、ネイマール不在の穴を埋める活躍を見せているブラジル代表のエーヴェルトン(グレミオ、23)の名前を挙げるメディアが目立っている。  エーヴェルトンは18年のW杯終了後、チッチ新体制のセレソンでは必ず召集されているが、これまでは主に控え選手とし ...

続きを読む »

コパ・アメリカ=黄金カード、ブラジル対アルゼンチン戦目前=ブラジル代表は地元クラブの練習場で調整

 ブラジルで開催されているサッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)の準決勝アルゼンチン戦を2日(現時時間)に控え、ブラジル代表が開催地のベロ・オリゾンテで順調に調整している様子を現地メディアが報じた。  ブラジル代表は試合前最後の練習を、同地に本拠を置く、アトレチコ・ミネイロの練習場で行った。  決勝進出をかけたアルゼンチンとの一 ...

続きを読む »

サンパウロ市=使用済みの油で石鹸作り=環境保護と収益増の試み

 サンパウロ市極南部のジャルジン・サンルイス区で、使用済みの食用油で石鹸を作ったり、環境保護などに関する講習会を行ったりしている団体がある。同地区出身のレナト・ロッシャ氏が代表を務めるコレティヴォ・デッド・ヴェルデだ。  下水や川に流れ込んだ食用油は、環境汚染の主要因の一つ。サンパウロ州水道公社によると、食用油1リットルを捨てる ...

続きを読む »

《南米共同市場・メルコスル》EUとの自由貿易交渉で合意=巨大市場への輸出に恩恵=正式調印には議会の承認必要=「歴史的」とボウソナロ大統領

EU高官との記念撮影で笑顔を見せるブラジルのエルネスト・アラウージョ外相(左から6人目・ブラジル外務省)  ブラジルとアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの4カ国が加盟する南米南部共同市場(メルコスル)とEUは6月28日、ベルギーのブリュッセルで自由貿易交渉で基本合意した。6月29日付ブラジル各紙が報じている。  メルコスル、E ...

続きを読む »

《ブラジル》モロ氏関連の漏洩報道止まらず=インターセプトの修正に「捏造」と抗議も=支援デモは予想以下の規模に

6月30日、大統領府前でのモロ法相支援デモの様子(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)  6月29日から30日にかけて、サイト「ジ・インターセプト・ブラジル(以下IB)」絡みのセルジオ・モロ法相を相手にした漏洩報道が相次いだ。モロ法相は同サイトの記事修正を指摘し、「捏造報道だ」と主張し ...

続きを読む »

《ブラジル》ドゥルセの列聖は10月=1日に法王が日程を発表

 ローマ法王が1日、10月13日に5人の福者の列聖式を行うと発表した。女性聖職者ではブラジル初の聖人となるイルマン・ドゥルセこと、マリア・リタ・デ・ソウザ・ブリット・ロペス・ポンテスもその中の1人だと1日付ブラジル国内紙サイトが報じた。  イルマン・ドゥルセという呼称は、修道女を意味するイルマンと洗礼名を組んだもの。神と人に仕え ...

続きを読む »

《ブラジル》GDP成長率予測が18週連続で下がる=来年の予測値も下方修正

 ブラジル中銀が毎週月曜日に発表する、経済指標動向予測調査フォーカスが1日に発表され、今年の国内総生産(GDP)の成長率予測が、先週の0・87%より0・02%ポイント低い0・85%へ、18週連続で下方修正された。同日付現地サイトが報じている。  フォーカスは中銀独自の予測ではなく、中銀が100以上の金融機関に対して行った聞き取り ...

続きを読む »

《サンパウロ大都市圏》オザスコ市長と夫人が6月祭で火傷=焚き火点火の際に大炎上

 6月28日、大サンパウロ市圏オザスコのロジェリオ・リンス市長(ポデモス)が、参加した6月祭の最中に焚き火に点火したところ、爆発が起きて火傷を負う事故があった。6月29日~7月1日付現地紙が報じている。  リンス市長はアリーネ夫人と共に、同市内のスポーツ・クラブ・コリンチャンス・パウリスタ大通りにある「クラブ・アリーナ・VIP」 ...

続きを読む »