2020年4月4日の記事一覧

《ブラジル》ブラジルレアルの対米ドル下落止まらず =今年に入って対日本円でも23・9%値下がり

 レアルの対米ドルの値上がりが止まらない。  3月26日に1ドル=5・02レアルと、前日からドルが値下がりしたのを最後に、米ドルは4月2日まで7営業日連続で値上がりし 2日の終わり値は前日比0・05%ドル高の1ドル=5・2652レアルをつけた。  翌4月3日の為替相場もドル高基調で推移した。新型コロナウイルスの影響で、世界経済全 ...

続きを読む »

《ブラジル》新型コロナウイルス感染者9056人、死者359人に=4日には1万人の大台超え確実か=連日1千人超の増加判明

 【既報関連】ブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続き、3月31日以降、感染者は連日、1千人以上増加を記録中だ。国民の半数がコロナ感染者が確認された市に住んでいる状態で、午後5時の保健省の発表での感染者は前日比1146人増の9056人、死者は60人増の359人となっていると2~3日付現地紙、サイトが報じている。4日(土)に ...

続きを読む »

サンパウロ州=外出自粛令は延長される?=終結圧力あるが状況は深刻=大統領「保健相は謙虚さに欠ける」

 新型コロナウイルスの感染拡大に関して、サンパウロ州が非常事態を宣言したのに合わせて出した外出自粛令(クアレンテーナ)の実施期間が7日で終わる。延長か否かを巡る動きが、反対の主張を続けるボウソナロ大統領を含む形で緊迫した様相を見せている。3日付現地サイトが報じている。    外出自粛令や外出禁止令(クアレンテーナ・オブリガトリア ...

続きを読む »

《ブラジル》非正規雇用者らに月額600レアル支給の緊急援助法が裁可=翌日には関連の暫定令も発表

 【既報関連】ボウソナロ大統領は1日、既に議会で承認されていた緊急援助法を、3項目に拒否権を行使した上で裁可。翌2日夜には連邦官報特別版に記載された。コロナショックで困窮する国民へ月額600レアルの援助金が支給されるには、支払い実務を支える法整備も必要だが、政府は暫定令(MP)を出してこれに対処すると、2日付現地サイトが報じた。 ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ対策で輸入25製品を免税に=チャーター機で輸送の案も

 ブラジル経済省貿易局(Camex)は3日、人工呼吸器の製造に必要な材料やその使用に必要な器具など、25品目の輸入関税をゼロにすると発表した。同日付各現地サイトが報じた。  関税がゼロになったのは、防護マスクの製造用生地、金属製呼吸保護用具、人工呼吸器を作るための極小のガス撹拌機、各電子機器の配線用プリント回路基板、蘇生呼吸装置 ...

続きを読む »

《ブラジル》隔離策訴えるマンデッタ保健相の支持率76%=大統領への評価の倍以上に

 3日、ダッタフォーリャによる最新の世論調査の結果が発表され、ルイス・エンリケ・マンデッタ保健相の支持率が76%に上昇し、33%にとどまったボウソナロ大統領の倍以上の支持を得ていることがわかったと、3日付現地サイトが報じている。    これは1〜3日に全国の1511市を対象に行われたアンケート調査によるものだ。   それによると ...

続きを読む »

東西南北

 「ネット上の人気に支えられている」との印象の強いボウソナロ大統領だが、リオ連邦大学とサンパウロ社会政治財団が行った調査によると、ツイッター上で行なわれている大統領支持のコメントのうち、半分以上の55%が「ロボ」と呼ばれる自動拡散アカウントによるものだということが判明したという。大統領のネット上の支持に関しては、次男カルロス氏や ...

続きを読む »

《リオ・デ・ジャネイロ州》IT企業のほとんどが在宅勤務=「今は協力すべき時」と業界代表

 新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の拡大を防ぐため、リオ州では13日まで外出自粛令が出ている。  リオ州IT企業組合(TI Rio)が3月25~28日までに行った調査によると、州内のIT企業の大半が、在宅勤務に切り替えて、外出自粛令を守っていることが分かった。在宅勤務を行っている企業は99%に達しており、集団休暇に入 ...

続きを読む »

県連新会長に市川利雄氏=「若者の日系意識濃くしたい」=慰霊碑の重要性、次世代に

 ブラジル日本都道府県人会連合会は「第54回定期総会」並びに「2020年・2021年理事会総選挙」を先月26日、サンパウロ市の静岡県人会の会議室で行った。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、総会参加者は6人のみ。お互いに2メートルずつ間隔をとって会議に臨んだ。2016年から4年間を務め上げた山田康夫会長が3月31日付で任 ...

続きを読む »

【外出自粛生活の読者レポート】「こんなに親思いだったか?」=パラナ州パラナグア市在住 増田二郎

 今、世界の話題はパンデミック一色です。日本のNHK、当国のグローボやSBT放送局など、どのチャンネルを廻してもニュースはパンデミックだけです。  こちらは81歳、戦後呼び寄せ移民の生き残りです。趣味はゲートボールとカラオケですが、この2週間は息子たちから「パパイ外出禁止だよ!」と言われ続けています。  「こんなにも親思いだった ...

続きを読む »