2020年10月21日の記事一覧

《ブラジル》「サッカーの王様」80歳に=サントスにペレの壁画お目見え

 「サッカーの王様」ペレが23日に80歳を迎えるのを祝い、世界的な壁画家のコブラが、18日にペレの壁画をお披露目した。  コブラは、ペレの人柄や業績を高く評価している。彼を顕彰するための方法として、ペレが愛してやまないサントス市のポンタ・ダ・プライアにある壁に、代表チームのユニフォームを着たペレとサントス市を象徴する三つのシンボ ...

続きを読む »

《ブラジル》持続可能性重視で電気トラック製造=VW社が業界けん引

VWCOが開発中の電気トラック(VWCO/Divulgacao)  世界中で持続可能性(サステナビリティ)を重視した車の製造が進められているが、ブラジルではトラック業界がこの分野をけん引している。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》米国が反中国の対応迫る=ファーウェイの5G参入阻止へ=来年の入札を前に

 米国トランプ政権の使節団がブラジルに対し、ブラジルが来年予定しているインターネットの5G入札に関して中国のファーウェイ社を外すように迫るなど、アンチ中国的な姿勢を求め始めていると、20日付現地紙が報じている。  アンチ中国的な姿勢を最も前面に出してきたのは、17日付本紙でも報じた、ブラジルと米国の間の貿易協定締結のために来たト ...

続きを読む »

《ブラジル》上半期に殺人事件が増加=10分間で1人が犠牲に=2年連続の減少傾向覆る

軍警ストで殺人事件が急増したセアラー州(18日付エスタード紙電子版の記事の一部)  ブラジルでの殺人事件発生率は2019年に過去10年間で最低を記録したが、コロナ禍の今年上半期は逆に増え、10分間で1人が殺されたと19日付現地紙が報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みです ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁新判事=学歴詐称疑惑は不問で上院承認へ=LJ作戦に否定的立場の候補

カシオ氏(Ramon Pereira)  21日に上院で、最高裁新判事に指名されているカシオ・ヌーネス・マルケス氏の口頭試問(サバチーナ)が行われるが、すでに上院憲政委員会(CCJ)のメンバーの過半数の支持を得て、承認は確実視されていると、20日付現地紙が報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログ ...

続きを読む »

《ブラジル》パンツ上議=ロドリゲス氏が自ら停職=繰り上がる補欠は息子

 不正が疑われる現金3万レアルをパンツの中に隠していたことで有名になったシコ・ロドリゲス上議(民主党・DEM)が20日、自ら121日間の停職を申し出た。20日付現地サイトが報じている。  ロドリゲス上議は14日に行われた、コロナ禍に伴うロライマ州保健局の不正疑惑に絡む連警の捜査で家宅捜索を受けた際、パンツに3万3150レアルを隠 ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ禍=大学の授業料滞納が激増=42万人が中途退学や休学?

卒業まで半年で退学を余儀なくされたブルーナ・オリヴェイラ・パルメリムさん(19日付エスタード紙電子版の記事の一部)  高等教育機関メンテナンス担当者の組合(Semesp)によると、今年上半期の授業料滞納者は全体の11%に上り、昨年同期比で29・9%増えた。また、中途退学者や休学者も14%増えたと19日付現地紙、サイトが報じた。 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市内のフェイラの中には、NPOと称する団体が新型コロナウイルスの簡易検査を行っているところがある。10月13日現在の同NPOのデータだと、1029人がテストを受けたところ、960人は陰性だったが、69人は陽性だったという。この検査は15分間で結果が出る上、検査にかかる料金が29レアルと安価なことから人気が高く、11月 ...

続きを読む »

東大法学部経て司法試験受験=日本生まれの四世・嘉悦さん=国際派弁護士に向け一直線

来社した嘉悦さん

 東大法学部を卒業して弁護士を目指す日系ブラジル人――「二宮先生もブラジル国籍を持つ人を聞いたことが無いというので、恐らく私が初めてでは」――来社した嘉悦レオナルド裕悟(かえつ・ゆうご、22、四世)さんはそう説明する。今年3月で東京大学法学部2類を卒業し、現在は聖市の二宮正人法律事務所で研修のため滞伯している。同法学部には1~3 ...

続きを読む »

アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<1>

(左から)マリリンさんとアンさん

 「既に多くの日本人のお客様たちにもご来店いただいております」と語るのは、3年前にリベルダーデ地区にタイ料理店THAI E-SAN1号店(Rua Barão de Iguape,446)をオープンしたフィリピン人のマリリン・キパオさん(Marilyn Quipao、46歳、マスバテ生まれ)。  それまでブラジルではなかなか味わえ ...

続きを読む »