2018年8月11日の記事一覧

《ブラジル》社会保障の不正受給摘発強化=高齢者、身障者恩給の不正支給を停止へ

社会保障受け取り手続きの様子(参考画像・Fabio Rodrigues Pozzebom / ABr)

 ブラジルのテメル大統領は9日、高齢者、身障者に対する特別恩給(BPC)の不正受給を受けていた人への支払いを早急に差し止めるための大統領令に署名した。  月に1回、法定最低賃金と同額(現状では954レアル)を受け取れるBPCでは、以前から不正受給が行われていると指摘されていた。これまでは、不正受給が判明しても、実務の遅れから支給 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選討論会 初回はぬるい議論に終始 ボウソナロは攻撃せず アウキミンに質問が集中 PTは同時間にネット放送

9日の討論会(Kelly Fuzaro/Band)

9日の討論会(Kelly Fuzaro/Band)  9日夜、バンデイランテス局で今回の大統領選では初となる候補者の討論会が開かれたが、労働者党(PT)候補が参加せず、高支持率の極右候補ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)に質問があまり飛ばないなど、議論の盛り上がりに欠ける内容となった。10日付現地紙が報じている。   ...

続きを読む »

《ブラジル》2017年の1年間で、6万3千人以上が殺される=世界1位の犠牲者数、人口比率では10位

麻薬組織の抗争激化と、警察の弱体化が重なり、ブラジルの治安は悪化している(参考画像・THIAGO GOMES  AG PARA)

麻薬組織の抗争激化と、警察の弱体化が重なり、ブラジルの治安は悪化している(参考画像・THIAGO GOMES  AG PARA)  ブラジル治安フォーラム(FBSP)が9日に発表したデータによると、ブラジルでは2017年に、過去最多となる6万3880人が殺された事がわかったと、10日付現地各紙が報じている。 ※このコンテンツを閲 ...

続きを読む »

《ブラジル》エスピリトサント州北東部でマラリア流行=かつてない深刻さと当局

エスピリトサント州でのマラリア流行を報じたG1サイトの記事

 エスピリトサント州北東部でマラリアが流行状態となり、6日にはヴィラ・パヴァン市が緊急事態を宣言。同市では、臨時の検査施設設置や虫除けの無料配布なども始まったと10日付現地紙、サイトが報じた。  マラリアはハマダラカが媒介し、40度近い高熱や頭痛、吐き気などの症状を呈する。北部諸州では頻繁に見られ、予防や治療も可能だが、エスピリ ...

続きを読む »

《サンパウロ市》26歳女性をはさみで惨殺 恋人の男性を現在捜索中

 サンパウロ市南部で、26歳の女子学生が、はさみで惨殺される事件が起こった。第一容疑者と見られる恋人の男性は、現在逃走中だ。10日付現地紙が報じている。  殺されたのはアウバーネ・バルボーザ・デ・ジェススさんで、8日夜、サンパウロ市南部シダーデ・アデマールの自宅で遺体で発見された。  遺体発見者は、アウバーネさんの家族だ。アウバ ...

続きを読む »

《ブラジル》トラック輸送の最低料金法案を大統領が裁可=スト実行者の罰金免除は拒否

今年5月にブラジル全土で発生したトラックストの様子(Roberto Parizotti)

 ブラジルのテメル大統領(民主運動・MDB)は9日、道路貨物輸送の最低料金を定めた連邦法13703号/18を裁可したと、9、10日付現地各紙・サイトが報じた。  最低料金の設定は、5月下旬に全国トラックストを起こした運転手たちが解除の条件として政府に求めたものだ。ストの一番の理由は燃料費高騰だが、運転手らは、輸送費を値切られ、利 ...

続きを読む »

東西南北

 本面で報じたように、いまひとつ盛り上がりに欠けた9日の大統領選のテレビ討論会。だが、その参加者中、ツイッターで最も話題になったのは、ボウソナロ氏でもアウキミン氏でもなく、泡沫候補のカボ・ダシオロ氏だった。「パトリオッタ(愛国者)」党候補の同氏は、話の中で頻繁にイエス・キリストの名前を出し、聖書の一説を読んだ上、「この国が今直面 ...

続きを読む »

伯郷土民謡協会=創立30周年祝って歌う!=式典に日本から慶祝使節団=第30回大会、八木さん優勝

「佐渡おけさ」で優勝した八木静代さん

 ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)が創立30周年を迎え、聖市の宮城県人会館で5日正午から記念式典を開催した。その前後に第30回全伯大会も行なわれた。一般財団法人日本郷土民謡協会からの慶祝使節団4人をはじめ、出演者やその家族らが来場して節目の日を祝った。慶祝使節団一行は祝辞や祝い金を贈ったほか、特別ショーで歌声を披露するなどし ...

続きを読む »

博研=故橋本氏の遺稿出版、11日=『湖水に眠るセッテ・ケーダスの植物』

案内のため来社した皆さん

 サンパウロ博物研究会(博研、吉岡パトリシオ会長)は11日午後2時から、創設者の故橋本梧郎氏の遺稿『湖水に眠るセッテ・ケーダスの植物』第1巻の出版記念会を同研究会会館(Rua Jaime Ribeiro Wright, 618, Itaquera)を行なう。全400ページ、ポ語、300部発刊。  同遺稿では橋本氏が1954年から ...

続きを読む »

富川沖縄県副知事=「次世代育成に全力対応」=万国津梁で21世紀の繁栄目指す

交流支援に意気込みを見せた富川副知事

 ブラジル沖縄移民110周年の記念事業の一環として4日午前、ブラジル沖縄県人会館で、富川副知事らと若手県系人との間で懇談会が開かれた。うりずん会(沖縄県費留学生、研修生OB会)、市町村研修生、ウチナージュニアスタディ、ニセーターツア、ブラジル県人会青年部から50人近くが参加し、意見交換が行われた。  富川副知事は、2030年迄の ...

続きを読む »