2019年3月26日の記事一覧

《ブラジル・雇用情勢》=2月の正規雇用は17万3千人増=2月としては5年ぶりの好結果

 経済省は25日、2月の全就労・失業者台帳(Caged)のデータを発表した。それによると、2月は正規雇用が17万3139人分増えた。  「正規雇用の増加」とは、2月に発生した新規正規雇用(145万3284人)と、2月に正規雇用を失った人数(128万145人)の差し引きだ。今年2月の結果は、26万823人分の正規雇用増を記録した2 ...

続きを読む »

ブルマジーニョの鉱滓流入=フランシスコ川の水質悪化

 「世界水の日」の22日、SOSマッタ・アトランチカ財団が、大西洋岸森林(マッタ・アトランチカ)内の220河川の水質を調べた結果、1月25日にミナス州ブルマジーニョで起きたダム決壊で流出した鉱滓が、サンフランシスコ川に流入している事が判明した事などを報告した。  サンフランシスコ川での観測点は12カ所で、フェリクスランジア市とポ ...

続きを読む »

《ブラジル》危うし社会保障制度改革 大統領が下院議長を挑発 「古い政治」とからかう セントロンも政府に反発

マイア議長(Antonio Cruz/ Arquivo Agência Brasil)  ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)とロドリゴ・マイア下院議長(民主党・DEM)の対立がこの週末で深まり、社会保障制度改革成立にさらに暗雲が立ち込めてきている。23~25日付現地紙が報じている。  マイア議長がボウソナロ氏次男のカルロス氏 ...

続きを読む »

サンティアゴ会議=反マドゥーロの新同盟発足=ロシアが空軍機2機を送る=ブラジルによるピノチェト独裁賞賛にチリは憤慨

 【既報関連】チリ首都サンティアゴで22日、混乱の度を深めるベネズエラ情勢についての対策を話し合う、南米諸国首脳会議が開催された。  23日付ブラジル紙によると、同会議には議長国チリの他、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ、ボリビア、ギアナ、スリナムの11カ国が参加した。だが、マドゥー ...

続きを読む »

ミナス州=ブルマジーニョから2カ月=新たなダム決壊の危機迫る

 1月25日にミナス州ブルマジーニョで起きた鉱滓ダム決壊事故から丸2カ月が過ぎ、身元が確認できた死者の数が214人に増え、不明者の数が91人に減った一方、新たなダム決壊の危機に直面し、緊急対策を迫られている市があると23日~25日付現地紙、サイトが報じている。  同件に関しては、連邦議会や同州議会が議会調査委員会を設置。Vale ...

続きを読む »

《ブラジル家計調査》=非正規雇用収入が増加=世帯収入の半分超える地域も

 昨年2018年の、ブラジル各世帯の総収入の4割は、「正規雇用ではない職の給与」と、「年金や各種恩給」が占めていた事がわかった。24日付現地紙が報じている。データは英国系コンサル会社カンター・ワールドパネル(K)社の調査によるものだ。  K社は毎週、ブラジル国内全1万1千世帯を訪問調査している。また、同社は年に一回、「食費」「医 ...

続きを読む »

《サンパウロ市東部》ファヴェーラで火災、1人死亡 混乱の最中に軍警が暴行?

 23日、サンパウロ市東部のファヴェーラ(スラム街)で火災が発生し、住民1人が死亡する事故が起きた。同地は不法占拠地帯で、24日に予定された強制退去に反対する住民が抗議行動を起こし、軍警ともめたという。25日付フォーリャ紙が報じていた。  火災発生の場所はラジアル・レステ近くのピーレス・ド・リオ街沿いのファヴェーラ・シメントで、 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38件が未成年虐待、20件が「だまされて及ばされた性的行 ...

続きを読む »

ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を

「政治改革」と「汚職防止法案」こそ最優先課題   G1サイト3月21日付が報じる、逮捕された5人の元リオ知事  戦後ブラジルでは選挙で選ばれた大統領は、軍政前にドゥトラ、ヴァルガス、クビチェッキ、クアドロス、グラールまで5人、民政移管後はネーヴェス、コーロル、FHC、ルーラ、ジウマ、ボウソナロの6人で計11人だ。  ただし、本人 ...

続きを読む »

ブラジル日系文学会=武本文学賞が最後の授賞式=中田編集長「ここから再出発」=新会長は桜井セリアさん

 「この賞がなくなるのはとても寂しい。立派な足跡を残された皆さん、ありがとうございました」――武本文学賞に長年投稿し活躍し続けた小野寺郁子さんは感謝の言葉を述べると、深々とお辞儀をした。ブラジル日系文学会(中田みちよ会長)が主催する最後の「第36回武本文学賞」が24日午後2時から聖市の宮城県人会館で行われ、受賞者30人をはじめ約 ...

続きを読む »