2019年3月2日の記事一覧

国際市場舞台に活躍する日系農業者=(2)=パラグアイ「ブラジガイオ」の沃野=聖市在住 駒形秀雄

イヴァン氏のパラグアイの立派な自宅

 今度はパラグアイで活躍するブラジル人・イヴァン/イラセマ夫妻の農場を訪問しました。イラセマさんはブラジル・北パラナでラミー王として知られた故市村之(すすむ、新潟県出身)の息女にあたる人です。  イヴァン(敬称略)の農場はパラグアイ国、アルトパラナ州サンクリストバゥ村にあり、ブラジルとの国境から130KMの所になります。国境の街 ...

続きを読む »

国際市場舞台に活躍する日系農業者=(1)=先進的なペトロリーナの果物生産=聖市在住 駒形秀雄

ペトロリーナの市街地の様子(Juniorpetjua (compilation), via Wikimedia Commons)

 異常な暑さの続く1月下旬、ノルデステ地方のペトロリーナとパラグアイの農業地帯を訪問しました。それは、「海外の農業活動を見聞きして視野を広め、自分達の営農に役立てよう」という新潟県企画の農業研修生に同行してのものでした。  訪問した先々で見たものは、国際市場の影響をジカに受けるブラジル農業の中で、果敢に挑戦し立派な成果を挙げてい ...

続きを読む »

《サッカーブラジル代表》3月親善試合のメンバー発表=レアルの新生ヴィニシウスJrを初招集

ブラジル代表招集メンバー発表会見のチッチ監督(Lucas Figueiredo/CBF)

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は2月28日、3月下旬の親善試合に向けたブラジル代表(セレソン)メンバーを発表した。  チッチ監督は23人を選出。弱冠18歳ながら、レアル・マドリッドで活躍を見せているFWのヴィニシウス・ジュニオルが、初の招集メンバー入りを果たした。  また、イタリアの名門ミランに加入したばかりのMF、ルーカス・ ...

続きを読む »

《ベネズエラ情勢》グアイド、ボウソナロ会談が実現=支持表明も武力行使約束せず=「恐怖で歩みを止めない」=国連では米ロの思惑交錯

ボウソナロ、ブラジル大統領(左)と、グアイド暫定大統領(右)(Marcos Corrêa/PR)

 【既報関連】ベネズエラのフアン・グアイド暫定大統領が2月28日未明にブラジルに到着、同日午後2時前にボウソナロ、ブラジル大統領と会談を行ったと、2月28日、3月1日付ブラジル各紙・サイトが報じている。  グアイド氏は支援物資搬入の2月23日を「決戦の日」に設定し、マドゥーロ体制打倒の勝負に出たが、決定的な成果は挙げられないまま ...

続きを読む »

《リオ市》3日夜からカーニバルのパレード=今年も政治色強い内容に=注目のエスコーラは?

昨年のサウゲイロのパレード(Paulo Portilho/Riotur)

 3日夜から5日朝にかけて、リオ市サプカイのサンボードロモで、毎年恒例のカーニバルのスペシャル・グループによるデスフィーレ(パレード)が行われる。以下、今年のハイライトを紹介する。  昨年、3年ぶりに1位を奪還した強豪エスコーラ、ベイジャ・フロールは、「まだ見てない者はここで見る。ベイジャ・フロールの寓話を」というエンレド(テー ...

続きを読む »

《ブラジル》デング熱=擬似症患者は昨年の2・5倍=聖州では感染患者が7倍に

デング熱などを媒介するネッタイシマカ(Arquivo/Agência Brasil)

 ブラジル保健省が2月26日、2月2日までのデング熱擬似症患者は5万4777人で、昨年同期比149%増と発表したと同日付G1サイトが報じた。  デング熱はネッタイシマカが媒介する病気の代表格で、ジカ熱は18%減って630人、チクングニア熱は51%減と報告される中、大幅な増加を見せている。擬似症患者5万4777人中、3万2821人 ...

続きを読む »

《サンパウロ》2月は16年ぶりの降水量=地盤緩み、土砂崩れも頻発

道路の冠水も多くで見られた。(参考画像・Marcelo Camargo/Ag. Brasil)

 国立気象観測所(Inmet)の発表によると、2月のサンパウロ市の降水量は323・2ミリで、同月の平均の235・9ミリを37%上回ったと、1日付アジェンシア・ブラジルサイトが報じている。323・2ミリは、2月のサンパウロ市としては16年ぶりの降水量だ。  今年の2月は、28日の内、16日、雨が降った。また、25、26日の夜は瞬間 ...

続きを読む »

《ブラジル》モロ法相が治安の専門家の指名取り消す=大統領支持者たちの反対で

 セルジオ・モロ法相は2月28日、ボウソナロ大統領の支持者の強い反対を受け、2月22日に刑事・刑務所政策審議会の代替委員に選んだイローナ・スザボー・デ・カルヴァーリョ氏の指名を断念した。1日付現地紙が報じている。  スザボー氏はスイスのウプサラ大学で治安政策に関する博士号を取った才媛だ。治安や司法などに関する調査を行う団体「イガ ...

続きを読む »

東西南北

 カーニバルに伴う祝日のため、本紙も6日付まで休刊となり、次号は7日付となる。通常、この期間は少し前から国中がカーニバル一色になるため、他のニュースも少なくなる。だが、1日は、「ラランジャ」の異名で有名になった、フラヴィオ・ボウソナロ上議の州議時代の運転手、ファブリシオ・ケイロス氏が、「フラヴィオ氏の票田拡大のために職員の給料を ...

続きを読む »

富山県人会=約24万レかけ会館大改修=市川会長「完成は大きな喜び」=県庁からも慶祝に駆けつけ

テープカットで改装修繕を祝った

 ブラジル富山県人会(市川利雄会長)は「会館改装修繕完了式」を先月24日、聖市内の同会館で催した。この度の改装修繕では、サロン改装と台所の拡張が行われ、見違えるように綺麗になった会館に、来場者からは感嘆の声が上がった。式典には県庁から荻布彦参事ら職員4人が駆けつけ、100人以上の会員らと共に完成を祝った。  手前の建物に台所、奥 ...

続きを読む »