2019年8月15日の記事一覧

イベント情報

EXPOSIÇÃO   NUNO – POÉTICAS TÊXTEIS CONTEMPORÂNEAS Onde: Japan House São Paulo (Avenida Paulista 52, 2º andar, Bela Vista) De 20/08 a 27/10/2019 Horário: 3ª a S ...

続きを読む »

東京五輪まで1年未満=ブラジルメディアが自国のメダル候補を紹介

 来年7月24日開幕の東京五輪まで、1年を切った。先日リマで終了したパンアメリカン大会で、メダル総数、金メダル数でブラジル史上最高記録を更新したブラジルでは、メディアが「東京五輪メダル候補40人」のリストを発表した。ここでは「金メダル候補筆頭」らを中心に紹介する。  「最も金メダルに近い」と見られているのは女子柔道78キロ級のマ ...

続きを読む »

《ブラジル》港湾施設の共同経営権入札実施=「落札価格より、投資の確約が重要」とインフラ大臣

三つのターミナルの経営権公開入札の様子(Alberto Ruy/MInfra)  サンパウロ州サントス港の貨物集積ターミナル二つと、パラナ州パラナグア港のターミナル一つの、合わせて三つのターミナルの経営権公開入札が13日にサンパウロで行われ、合わせて1億4850万レアルで落札された。  この1億4850万レという落札価格は、事前 ...

続きを読む »

《ブラジル下院》経済的自由の暫定令を基本承認=日曜日の労働制限を緩和=上院承認期限は27日に迫る

ロドリゴ・マイア下院議長(Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)  【既報関連】ブラジル連邦下院議会は13日、暫定令881号(MP881)の基本文書を、賛成345、反対76で承認したと、14日付現地各紙が報じている。  「経済的な自由のMP」と称されるMP881は、経済活動における煩雑な官僚的手続きを簡素化 ...

続きを読む »

《ブラジル》イタイプ問題で疑惑のPSL政治家の証言に矛盾=パ国との交渉に3度旅行=大統領三男とも不審なつながり

エドゥアルド・ボウソナロ氏(Paola de Orte/Agência Brasil)  【既報関連】13日付で報じた、パラグアイとの間で結んだイタイプダムの電力に関する契約で浮上したブラジル企業「レーロス(Leros)」の代表として、社会自由党(PSL)の政治家、アレッシャンドレ・ジョルダーノ氏が、本人の証言とは違い、パラグア ...

続きを読む »

《ブラジル》3回目の政府への抗議行動=教育や社会保障改革などで

 全国26州と連邦直轄区で13日、労組や学生運動団体などが中心となり、政府の諸政策に反対する抗議行動が行われたと13、14日付現地紙、サイトが報じた。  13日夜8時過ぎの時点で、全国教育機関労働者連合(CNTE)は最低170市、全国学生連合(UNE)は最低150市で抗議行動実施と発表。14日付フォーリャ紙によれば、UNEはその ...

続きを読む »

ロンドンのブラジル大使館に赤ペンキまかれる=アマゾン森林伐採とインディオ迫害に抗議

 地球温暖化対策への有効な政策の欠如に抗議する国際市民団体エクスティンクション・レベリオン(ER)のメンバーが13日、英国ロンドンのブラジル大使館に赤いペンキを投げつける抗議行動を行ったと、同日付のブラジルのニュースサイトが報じている。  これらの行為の目的は、ブラジル政府によるアマゾン森林伐採の促進と、そこに住むインディオ(先 ...

続きを読む »

サンパウロ州LJ地下鉄編=元局長のデラソンが成立=今後の捜査拡大の可能性も

 サンパウロ市地下鉄公社元局長の報奨付供述(以下、デラソン)が成立したことにより、サンパウロ州ラヴァ・ジャット作戦でのサンパウロ市の電車網に関する捜査が、私営の4号線や都電(CPTM)にも及ぶ可能性が出てきたと、15日付現地紙が報じている。  このデラソンは、サンパウロ市地下鉄公社元局長のセルジオ・ブラジル氏が行ったものだ。ブラ ...

続きを読む »

東西南北

 ブラジルを代表する有名な婦人科医から一転、48件の強姦罪で181年の実刑判決を受けたロージェル・アブデルマッシ受刑囚が13日、自宅軟禁から刑務所に戻されることになった。裁判所がこの決断を下したのは、同じサンパウロ州トレメンベーの刑務所にいた受刑囚が出版した手記の記述がきっかけだ。それによると、アブデルマッシ氏は血圧を上げる薬を ...

続きを読む »

広島・長崎=JHで初の平和週間=被爆体験伝え、観光地も紹介=パ大通りで郷土芸能を初披露

 終戦74年、一人一人が平和について考えて――広島文化センター(吉広ロベルト貞夫会長)と長崎県人会(川添博会長)は「平和週間」と題し、原爆に関する展示や講演などを10、11両日、聖市のジャパン・ハウス(以下JH)で行った。両日を通して約千人が来場。2日目には郷土の観光地紹介も行い、週末の歩行者天国で賑わうパウリスタ大通りで、初め ...

続きを読む »