ホーム | 2018 | 12月 (ページ 4)

12月 2018の記事一覧

《ブラジル》今年最後の送電線の入札=16区全てを約半額で落札

今年最後の入札の対象となった送電線事業(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)

今年最後の入札の対象となった送電線事業(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)  今年最後となる電気事業関連の入札が20日に行われ、13州での送電線設置(総計7152キロ)と変電所建設事業、全16区が全て落札と21日付現地紙が報じた。  今回の入札は競争率が高く、各区とも最少でも3社、最多では12社 ...

続きを読む »

《サンパウロ大都市圏》オザスコ市交通局長銃殺される=深夜に停車中、11発浴びる

 20日未明、サンパウロ大都市圏のオザスコ市で、同市交通局長のオズヴァウド・ヴェルジニオ氏が乗った車が大量の銃弾を浴び、同氏が死亡する惨事が起きた。21日付現地紙が報じている。  事件は同日午前1時頃、同市のノヴォ・オザスコ地区を黒のトヨタ車で移動中、友人宅前で停まったところ、近くに停まった白のサヴェイロ車から降りてきた男が消音 ...

続きを読む »

《ブラジル》11月の正規雇用が5万8700人分増加=今年は50万人増となる見通し

 ブラジル労働省は20日、11月度の全就労・失業者台帳(Caged)のデータを発表した。それによると11月は正規雇用が5万8700人分と、11月としては2010年以来、8年ぶりの増加を記録したと20、21日付現地各紙・サイトが報じた。「5万8700人分の正規雇用増加」とは、正確には新規の正規雇用者数と、解雇者数を差し引きした結果 ...

続きを読む »

東西南北

 21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年は幸い、あの年とは違って、春先の降水量が多かったので ...

続きを読む »

カエル・プロジェクト=10周年、資金調達に課題=「デカセギ子弟支援に終わりなし」=企業からの支援呼びかけ

10年の活動を振返った中川さん

 帰伯するデカセギ子弟の社会適応を支援する非営利法人「カエル・プロジェクト」(中川郷子代表)は、活動開始から今年で10年の節目を迎えた。今月20日、ジャパン・ハウスで記念誌『Projeto Kaeru 10 anos(カエル・プロジェクト10年)』の刊行を記念して講演した中川代表は、活動実績を報告すると共に引き続き活動に対する資 ...

続きを読む »

休刊案内

 24日が印刷所が休みのため、25日付けが休刊となります。25日がナタルの祝日のため、26日付けも休刊となります。次の通常号は、27日付けとなります。翌28日付けが通常号の本年最後の新聞となります。

続きを読む »

創立60周年委員会を発足=援協、12月定例役員会で

感謝プレートを贈呈された中田氏(右)

 サンパウロ日伯援護教会(与儀昭雄会長)は「12月定例役員会」を20日、援協本部ビルで開催した。  冒頭、与儀会長は「今年は経済的に厳しい年だったが、病院も良い業績で終えることが出来た。19年も引き続き厳しい年となるが、良い年になるよう共に頑張りましょう」と挨拶した。  議事及び報告では、19、20年の理事会ならびに特別委員会メ ...

続きを読む »

年末恒例、餅つき祭り=紅白餅2万袋を無料配布

(左から)来社した秋村さん、池崎会長

 「紅白餅をもらうために、朝6時から並んで待っている人がいる。本当にありがたいことですよ」――『第48回餅つき祭り』を主催するリベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長は目を細める。文協、県連、援協、アリアンサとの共催。  紅白餅の入った2万袋は午前8時から、リベルダーデ日本広場で無料配布され、例年ジョン・メンデス広場ま ...

続きを読む »

文協絵画教室が生徒募集教=児童向け、美術親しむ場に

酒井町子さん、金子謙一さん

 「今じゃニューヨークを拠点に活躍する大岩オスカールや工藤ジェームズも、この教室の出身者。何せ第57回ですから、有名になった人もたくさんいますよ。でもプロの画家を育てる教室じゃなくて、あくまで情操教育。でも幼い頃に基礎が付いている人は、大きくなってその道に進むのが容易なんでしょうね」。そう呼びかけるのは、文協美術委員会の金子謙一 ...

続きを読む »

ブルーツリー=元旦おせちはチーム・ジャパン=塚本恭子さん料理担当で

おせち料理(参考写真、実際の料理とは異なります)

 聖市のブルーツリープレミアム・パウリスタ(Rua Peixoto Gomide, 707)が、年末年始向けに企画する特別プラン三つの参加者募集締め切りが迫っている。  目玉は、今回12年目を迎える恒例の「元旦おせち」。食品関係の日本進出企業が団結して食材を提供する「チーム・ジャパン」という新しい取り組み。ニチレイのエビ、アグロ ...

続きを読む »