2019年9月3日の記事一覧

FIFA最優秀キーパー=ブラジル人2人が最終候補に

 2日、国際サッカー連盟(FIFA)の最優秀キーパーの最終候補3人の発表があり、ブラジル人キーパーの2人、アリソン(リバプール)とエデルソン(マンチェスター・シティ)が候補に残った。  これは、「FIFAアワード」と銘打たれて行われる賞の一環で、キーパー部門の表彰は今年で3回目となる。  今年、このキーパー部門の最終3人の選考に ...

続きを読む »

《ブラジル》退職金積立の早期引としを承認=払い出し開始は13日から

 ブラジル政府は景気刺激策として、正規雇用の社員が積み立てている退職金を、前もって引き出すことを可能にした。  これは、前倒しで現金を国民に渡すことで、少しでも消費に回してもらい、経済活性化を促す政策だ。政府は各退職金積み立て口座から500レアル単位で払い出しを行う。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログ ...

続きを読む »

サンパウロFC=ホームスタジアムの3階席からファンが転落=1階の女の子に激突も、大事には至らず

 ブラジル代表のキャプテン、ダニエル・アウヴェスを獲得し、ファンの期待が一気に高まったサンパウロFC。ダニ・アウヴェス獲得後は、スタジアムも連日満員だ。  そんな中、8月31日にモルンビ・スタジアムで行われたブラジル全国選手権1部17節のサンパウロFC対グレミオの試合で、高さ25メートルの3階席からファンが転落し、1階席の女の子 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ政権評価で「悪い」が38%に=同時期の前任者らの約3倍=企業家と宗教関係者が頼り=アマゾン問題でも国民同調せず

ボウソナロ大統領(Antonio Cruz /Agencia Brasil)  2日付フォーリャ紙が報じたダッタフォーリャの世論調査によると、ボウソナロ政権への国民の評価は、「良い」29%対「悪い」38%で、就任8カ月にして悪評が大きく上回る状態になった。また、8月下旬に国際的な問題ともなったアマゾンの森林火災に関しても、国民の ...

続きを読む »

《ブラジル政府》来年度予算案を議会に提出=法定最低賃金は1039レアルに=追加融資のため議会承認必要

パウロ・ゲデス経済相(Valter Campanato/Ag. Brasil)  ブラジル経済省のワルデリー・ロドリゲス財務特別局長が8月30日に、2020年の年間予算法プロジェクト(PLOA)と、2020~23年の多年度投資計画(PPA)を議会に提出した。8月30、31日付現地各紙・サイトが報じた。  PLOAは、来年度のイン ...

続きを読む »

《ブラジル》法定アマゾン=閣僚と知事がベレンで会合=開発と保護の両立を模索検討

 森林伐採や森林火災の増加で、国内外からの批判を浴びている法定アマゾンを巡る諸問題について話し合い、解決の道を探るため、政府閣僚らが2日、パラー州ベレンに派遣されたと1、2日付現地紙サイトが報じた。  2日朝、ベレンに到着したのは、オニキス・ロレンゾーニ官房長官、リカルド・サレス環境相、フェルナンド・アゼヴェド国防相、テレーザ・ ...

続きを読む »

《ブラジル》米ドラマに憧れ、医師に扮装=勝手に患者に退院許可まで

 アメリカの人気医療ドラマ、グレイズ・アナトミーの大ファンのブラジル人の男が、サンパウロで医師に扮装して病院に入り込み、患者2人に退院許可を与えていたことが分かった。8月31日付ブラジルサイトが報じている。  現場となったのはサンパウロ市セントロのサンタカーザ病院で、捕まったのはファビオ・ファリア・ダ・シルヴァ容疑者(24)だ。 ...

続きを読む »

《サンパウロ州》ゴールドマン氏死去=PSDBサンパウロ州支部の重鎮

 民主社会党(PSDB)サンパウロ州支部の重鎮で、同州知事をつとめたこともあるアルベルト・ゴールドマン氏(81)が1日、サンパウロ市シリオ・リバネス病院で死去した。2日付現地紙が報じている。  1937年にポーランド系ユダヤ人の移民の子供としてサンパウロ市で生まれたゴールドマン氏は、若い頃はマルクス主義者の父親の影響もあり、ブラ ...

続きを読む »

東西南北

 ダッタフォーリャでの最新の世論調査の結果が良くなかったボウソナロ大統領だが、同調査でもう一つ、同氏にとってショックな結果が出ている。それは、もし今、大統領選が行われていたとしたら、昨年10月に大統領選の決選投票を争ったフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)に36%対42%で敗れる、というものだ。これが仮に相手がジョアン・ドリ ...

続きを読む »

エスペランサ婦人会70周年=親睦、交流、学びの場提供=終戦直後の祖国支援運動で発足

 「文協ビルが増築した時、エスペランサ婦人会が5階の部屋を買って移ることになり、役員と一緒に下見に来たのを憶えています」―エスペランサ婦人会(倉持恵美子会長)の創立70周年式典に出席した101歳の平井すてさん(北海道)は、懐かしそうに振り返った。8月21日午後1時から聖市文協の貴賓室に集まった会員とその家族ら約140人は、会食し ...

続きを読む »