2019年9月13日の記事一覧

リオ―サンパウロ便に新会社参入=リオ西部の小規模空港にセスナ機で就航

新会社参入を伝えるブラジルのニュースサイト  ブラジルの小規模航空会社Twoflex社が、リオ―サンパウロのドル箱路線に、新たな形で参入することが決まった。  リオには、北部の国際空港ガレオン(トム・ジョビン)空港と、南部の国内線のサントス・ドゥモン空港があるが、Twoflex社の便が就航するのは、西部のバーラ・ダ・チジュッカ地 ...

続きを読む »

《ブラジル・サービス業》7月の売上は前月比0・8%増=1~7月累積は前年比0・8%増

 ブラジル地理統計院(IBGE)が12日に発表した月次サービス調査(PMS)によると、7月のブラジル国内のサービス業の売上は6月より0・8%増え、6月に記録したマイナス分(マイナス0・7%)を回復した。  7月のサービス業の売上は、昨年同月比で1・8%増加。1月から7月までの累積は、昨年同期比で0・8%増で、直近12カ月間の累積 ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》ブラジル五輪代表が日本と対戦=10月にレシーフェで親善試合

 ペルナンブッコ州サッカー協会は10日、ブラジル五輪代表が10月にレシーフェで親善試合2試合を行うと発表した。  親善試合が行われるのは10日と14日で、10日はレシーフェ市内アフリートス・スタジアムでベネズエラ五輪代表と戦う。14日は、レシーフェ近隣のサンロレンソ・ダ・マッタ市にあり、W杯でも使われたアレーナ・ペルナンブッコで ...

続きを読む »

《ブラジル》新税導入問題で、国税庁と政府の対立浮き彫り=議会も選挙視野に抵抗ポーズ

国税庁長官の座を追われたマルコス・シントラ氏(Jose Cruz/Ag. Brasil)  【既報関連】ブラジル政府の税制改革案が正式に議会に提出される前に、ボウソナロ政権の大物経済スタッフ、マルコス・シントラ国税庁長官が11日に解任された。12日付現地各紙・サイトが報じている。  国税庁は新政権発足に伴う行政改革で経済省所轄の ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁が10月にLJ関連の重要審理=ルーラの釈放もあり得る?=法廷内で強まるモロ法相ヘの懐疑

最高裁第2小法廷での審理風景(7月、Filipe Araujo)  最高裁が10月に、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)やLJ担当判事だったセルジオ・モロ法相にとって厳しいものとなりそうな審理を予定していると、12日付現地紙が報じている。  10月に最高裁大法廷での審理が予定されているのは、「第2審で有罪判決を受けたら刑執行とするか否 ...

続きを読む »

デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍

 保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内、9州と連邦直轄区の患者は昨年同期比で1千%以上増えている。 ...

続きを読む »

《ブラジル教育省》打ち切った奨学金の一部復活=「解決策見つけた」と教育相

 【既報関連】ブラジル教育省の管轄のハイレベル人材養成業務統括所(Capes)が、今月2日に大学院生や大学院卒業者向けの奨学金5613件の打ち切りを発表したが、11日にその決定を翻し、3182件の奨学金を認めると発表した。11、12日付現地紙、サイトが報じた。  教育省は、経済相との折衝の末、財源を確保したとしている。今回認める ...

続きを読む »

《ブラジル》ミランダ下議の口座に疑惑?=ヴァザ・ジャット報道のグレン氏の夫

 「ヴァザ・ジャット報道」で知られる「ジ・インターセプト・ブラジル」の運営者グレン・グリーンウォルド氏の夫のダヴィ・ミランダ下院議員(社会主義自由党・PSOL)の口座に不自然な金の動きがあったことが、金融活動管理審議会(COAF)の調べでわかったと、11、12日付現地紙、サイトが報じている。  不自然な金の動きとは、2018年4 ...

続きを読む »

東西南北

 2017年にサンパウロ大都市圏のサンベルナルド・ド・カンポ市で、窃盗に入ったアパートに住んでいた刺青師に、額に「私は泥棒で薬物中毒」との文字を彫られたことで話題を呼んだルアン・ロシャ・ダ・シウヴァ氏。10日にサンパウロ州地裁から窃盗罪で4年8カ月の実刑判決を受けた。今回の判決は額に刺青をされたときのものではなく、今年2月に市内 ...

続きを読む »

WILLフォン=「日本の番組が観られなくなった」=原因は親会社への業務停止命令?=J―Vision社へ苦情相次ぐ

 「日本の番組が急に観られなくなった」との苦情が、今週始め相次いで編集部に寄せられた。聞けば、相談者らはJ―Vision社の提供するインターネットテレビ視聴システム「WILLフォン」を利用している。J―Vision社の親会社である情報通信業者WILL株式会社(東京本社)が、日本の消費者庁より7月19日付けで特定商取引法に基づく2 ...

続きを読む »