2019年9月5日の記事一覧

スアレス=「ネイマールはバルセロナに戻るためにあらゆる手を尽くしていた」と語る

 ブラジル代表FWネイマール(PSG)のバルセロナ帰還計画は、失敗に終わり、ひとまず夏の移籍市場での移籍はなくなった。  ネイマールのバルセロナ時代の元チームメイトでウルグアイ代表FWのルイス・スアレスが、アルゼンチンのスポーツチャンネルのインタビューに答え、「ネイマールはバルセロナに戻るためにあらゆる手を尽くしていた」と語った ...

続きを読む »

ボウソナロ刺傷事件から1年=アデーリオ容疑者の親族たちの心情は?

 昨年の大統領選のキャンペーン中にミナス・ジェライス州ジュイス・デ・フォーラで起きた、大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏(現大統領)刺傷事件から6日で1年が経過する。  犯人のアデーリオ・ビスポ・デ・オリヴェイラ被告は、現在も南マット・グロッソ州カンポ・グランデの連邦刑務所に収監されている。同被告の家族の現在の心境を、3日付現地 ...

続きを読む »

《ブラジル》祖国を愛するなら金をつかえ?=政府が珍経済キャンペーンを発表

 ブラジル政府は3日、7日の独立記念日前後の日々を愛国ウィークとして、企業には割引セールの実施を、国民にはそれらを利用しての消費を喚起するキャンペーンの実施を発表した。  6日から15日までのキャンペーン期間は「ブラジル週間」と名づけられ、ブラジル全土で4680社以上が商品、サービスの割引を行う。政府としては、国民がこれに呼応し ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領=国連に対しても軍政被害者揶揄=元チリ大統領の父親を侮辱=独裁者ピノチェトを礼賛=注目される総会での演説前に

3日のボウソナロ大統領(Valter Campanato/Ag. Brasil)  ボウソナロ大統領は4日、元チリ大統領で国連人権高等弁務官のミチェル・バチェレ氏の父親を侮辱する発言を行った上で、同国の独裁者アウグスト・ピノチェト元大統領を称えた。ボウソナロ大統領は7月にも、ブラジル弁護士会(OAB)会長のフェリペ・サンタクルス ...

続きを読む »

《ブラジル》官房長官に歳出上限法緩和の意思あり=ゲデス経済相は反対の立場=投資に回す金はどこから?

オニキス・ロレンゾーニ官房長官(Jose Cruz/Ag. Brasil)  オニキス・ロレンゾーニ官房長官と軍高官が、歳出上限法の緩和を求めて動いていると、4日付現地紙が報じた。  テメル政権時代に憲法改正の形で成立した歳出上限法は、「政府や各省庁の予算は、基本的に、前年度予算にインフレ率をかけた以上に拡大できない」というもの ...

続きを読む »

《ブラジル》黄色い9月=青少年の自殺を防ごう!=サンパウロ市ではうつに関する企画も

 保健省が8月29日、9月は自殺予防月間であり、青少年の生活や精神面の健康に特に注意を払うよう呼びかけたと同日付ニュースサイトが報じた。ブラジルでは例年、9月には黄色いリボンを飾り、自殺予防を叫んでいる。  ルイス・マンデッタ保健相は、青少年の自殺増加は世界的な傾向でブラジルも例外ではないが、ブラジルの青少年はインターネットに接 ...

続きを読む »

《ブラジル》7月の工業生産が3カ月連続でマイナスを記録=「10年前の水準」との分析も

 ブラジル地理統計院(IBGE)は3日、7月の国内工業生産が6月比マイナス0・3%(季節偏差修正済み)だったと発表した。4日付現地紙が報じている。  4月はプラス0・3%を記録したが、それ以降、5月がマイナス0・1%、6月もマイナス0・7%で、3カ月連続のマイナスとなった。3カ月間の累積は、マイナス1・2%に達した。 ※このコン ...

続きを読む »

《ブラジル》ダッタフォーリャ=大統領三男の駐米大使案に国民の70%が反対表明

 先月末行われたダッタフォーリャの世論調査によると、ボウソナロ大統領の三男エドァウルド下議を駐米大使にとの案に国民の7割が反対していると、4日付現地紙が報じている。  8月29、30日に全国175市で行われた調査によると、国民の70%がエドゥアルド氏の駐米大使就任に反対している。賛成は反対の3分の1以下の23%。「わからない」が ...

続きを読む »

東西南北

 4日朝、ボウソナロ大統領が行った、バチェレ元チリ大統領に対する発言は大きな物議をかもしたが、大統領はこの朝、既にほかの発言でも話題となっていた。それは、同日付フォーリャ紙が、同大統領の問題発言連発のインタビューを掲載したからだ。ボウソナロ氏はその中で、連邦警察を「まぬけ」、セルジオ・モロ法相を「世間知らず」、パウロ・ゲデス経済 ...

続きを読む »

日本提唱の未来社会像を展望=講演会「ソサエティ5・0」で=文協が非日系ビジネスマンで満員

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)がブラジル日本青年会議所(JCI)と共催した講演会「ソサエティ5・0」が8月15日午後7時から聖市の文協ビル大講堂で開催された。ポ語と英語のみの講演で入場料40レアルだったが、2階席まで埋まる満員状態で、1千人以上が入場した。来場者の3分の1は、会社帰りらしき背広姿の30~40代のブラ ...

続きを読む »