2019年10月17日の記事一覧

イベント情報

EXPOSIÇÃO   13ª GRANDE EXPOSIÇÃO DE ARTE BUNKYO 2019 – ARTES PLÁSTICAS – ARTE KOGUEI Onde: Bunkyo – Espaço Cultura Bunkyo (Rua São Joaquim 381, Subsolo, Liberda ...

続きを読む »

《ブラジル》子供の日商戦の売上は1・7%増=母の日や恋人の日上回る伸び

店頭で子供へのプレゼントを選ぶ女性(Fernando Frazão/Agência Brasil)  銀行業務集中サービス会社(Serasa)が16日、今年の子供の日商戦の売上は昨年同期比で1・7%伸びたと発表した。  10月5~11日の1週間の売上の伸びは、母の日や父の日、恋人の日の伸び率を上回り、今年の商戦の中では最良の結果 ...

続きを読む »

《ブラジル最高裁》刑執行の基準を再審理=「2審有罪後」の基準変更?=VJ報道以降の圧力あり=結果次第でルーラらに恩恵

トフォリ長官(Alessandro Dantas)  今日17日、最高裁はかねてから懸案となっていた「2審での有罪判決後に刑執行か否か」の審理を、3件の案件を通して行う。同件は、結果次第で、ルーラ元大統領をはじめ、全国19万人の受刑囚の服役継続か否かにも結びつくものであるため、注目されている。15、16日付現地紙が報じている。 ...

続きを読む »

《ブラジル》18年に所得格差が拡大=統計開始以来最大の差に=富裕者は富み、貧者は失う

 地理統計院(IBGE)が16日、18年の所得格差は3年ぶりに拡大し、12年の統計開始以来、最大の差となったと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  全国家庭サンプル調査(PNAD)による所得格差の統計は12年から始まり、イタリアの統計学者が考案したジニ係数による記録が残っている。ジニ係数は0~1で表され、0は格差ゼロを示す。 ...

続きを読む »

《ブラジル》PSLの党首捜査で党内に大波紋=ボウソナロ一家に報復も

デレガード・ヴァウジール下議(Lucio Bernardo Jr./Câmara dos Deputados)  【既報関連】15日に起こった社会自由党(PSL)のルシアノ・ビヴァール党首の家宅捜査は、同党内に強い波紋を投げかけている。16日付現地紙、サイトが報じている。  PSL下院リーダーのデレガード・ヴァウジール下議は同日 ...

続きを読む »

《ブラジル》プレサル大型入札=上院が州や市への分配承認=社会保障制度改革前進か

 上院は15日、11月6日に行われる予定の岩塩層下油田(プレサウ)の大型入札に関して、州や市への分配率を承認した。これによって社会保障制度改革の同院での承認も進むと、16日付現地紙が報じている。  15日に承認されたのは、入札での収益の内、15%が州、別の15%が市に分配されることで、68人の出席上議が満場一致で承認した。 ※こ ...

続きを読む »

《ブラジル北東部》原油汚染で緊急事態宣言=ウミガメの死体から原油

 【既報関連】8月末から始まった北東部への原油漂着は、同地域での環境や経済活動に深刻な影響を及ぼしており、14日と15日にはバイア州とセルジッペ州が相次いで緊急事態宣言を行ったと14~16日付の現地紙やサイトが報じた。  緊急事態は既に地域省からも承認されており、汚染地域からの住民退避や、汚染物質の回収、飲用水や基礎食料品セット ...

続きを読む »

東西南北

 ボウソナロ大統領とPSLとの対立が話題を呼ぶここ数日だが、その一方で、民主労働党(PDT)の下議4人、ブラジル社会党(PSB)の下議3人が15日に離党を発表した。理由は、左派政党の間で義務付けられていた「社会保障制度改革への反対」という約束を破って賛成票を投じ、党内で迫害されたためだ。彼らは「不当な理由で追い詰められた」と主張 ...

続きを読む »

「杉野先生の教え実践した」=アグロ・マキナス社50周年=南ミナスの白浜清俊さん

 コチア青年2次6回の白浜清俊さん(80、熊本県)がミナス・ジェライス州カンブイ市に創立した農事関連会社「アグロ・マキナス・ミナス・ジェライス」が50周年を迎え、13日に慶祝ミサと祝賀会を開催し、従業員と友人、関係者ら約100人が駆けつけて祝った。創業当時はこれといった農産物がなく、日本人がほぼいなかった南ミナス地方で、ジャガイ ...

続きを読む »

広島文化センター=57年ぶりに農業研修生受け入れ=ブラジル側の提案、藤岡さん来伯

 ブラジル広島文化センター(吉広ロベルト貞夫会長)が、今年から57年ぶりに農業研修を開始した。8月27日~11月28日まで3カ月間実施しており、研修生の藤岡香穂里さん(21、愛媛県)が同センター役員らと共に本紙に来社した。  村上佳和副会長によれば、同センターでは1962年以降、母県からブラジルへの研修が途絶えていた。村上副会長 ...

続きを読む »