2019年10月11日の記事一覧

サッカー親善試合=セレソンはセネガルと引き分け=新守備隊形試すも効果なく

 シンガポールで開催されたサッカーの親善試合でセネガルと対戦したブラジル代表(セレソン)は、序盤に先制したが、追いつかれ、1―1の引き分けに終わった。  チッチ体制では3トップが基本形のセレソンだが、この日は4―4―2の2トップ制が取り入れられた。フィルミーノ(リバプール)とガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)の2人が ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領=PSL離党に向けて準備中=ビヴァール党首とは絶交状態=問題は追随議員の任期確保=現状で20人ほどが移籍か?

10日のボウソナロ大統領(Marcos Corrêa/PR)  【既報関連】9日、社会自由党(PSL)党首のルシアノ・ビヴァール氏が「彼はもう、わが党とは関わりがない」と宣言したことで、ボウソナロ大統領とPSLの決裂が避けられないものとなりそうだ。大統領は現在、法的に問題なくPSL議員らを自分と共に移籍させる方法を模索していると ...

続きを読む »

《ブラジル》軍投入でアマゾンの火災減少=先住民保護区などは増加傾向=他の植生での火災は収まらず

 ボウソナロ大統領が10日、サンパウロ市で開かれたブラジル投資フォーラムで、アマゾンを訪れるよう、参加者を招いたと同日付現地紙サイトが報じた。  「新聞やテレビは現実を伝えていない。アマゾンは非常に美しく、完全に保持されている。この土地はブラジルの資産だ」と前置きした後、大統領は「我々は我々のアマゾンを持続可能な方法で開発したい ...

続きを読む »

《ブラジル》油田入札の収益額で新記録を達成=落札件数は予定の3分の1だが

 10日、国家原油庁(ANP)による石油・天然ガス採掘権に関する入札が行われ、最低見込み額を大幅に上回る89億1500万レアルという記録的な収益(ボーナス、落札謝礼金)を獲得した。10日付現地サイトが報じている。  今回の入札は全国5カ所の盆地(海盆)にある36区画を対象とするもので、実際に落札されたのは3分の1の12区画に過ぎ ...

続きを読む »

《ブラジル》ダラグノル=栄転させてLJ主任を降ろす?=VJ報道以降の圧力強く

 パラナ州クリチバのラヴァ・ジャット(LJ)作戦班主任のデウタン・ダラグノル氏を、栄転と共に主任の座から降ろそうとする動きが連邦検察庁の検察官の間で起こっていると、10日付エスタード紙が報じている。  ダラグノル氏は現在、2014年にはじまったLJ作戦の主任を務めているが、6月にはじまった、サイト「ジ・インターセプト」によるヴァ ...

続きを読む »

《ブラジル》議会が連邦予算基本法承認=最低賃金は1040レアルに

 ブラジル連邦議会が9日、来年度の連邦予算基本法(LDO)を承認し、法定最低賃金(最賃)は1040レアルとなったと9、10日付現地紙、サイトが報じた。  最賃は過去25年間、インフレ率+前々年(20年なら18年)の国内総生産(GDP)成長率で算出されてきた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.   ...

続きを読む »

東西南北

 ボウソナロ大統領のPSL離党問題は、これから来年に向けて、不確定な要素を一気に増やしている。まず、大きな問題となるのは来年の全国市長選だ。市長選は各政党にとり、大統領選や知事選に次ぐ意味を持つが、仮にそれまでにボウソナロ氏の新政党への移籍が完了したとしても、統一地方選挙で新政党に当てられる援助額は少ない。一方、PSLは多くの資 ...

続きを読む »

サントス=長崎の路面電車が運行開始=龍踊り先導しペレ博物館脇出発=行き先「正覚寺下」そのまま

 ブラジルを代表する港町サントスの観光シンボルといえば、路面電車だ。市民の足であると同時に、多くの観光客も楽しみに乗る。その路面電車に、姉妹都市提携を結ぶ長崎県長崎市から寄贈された車両が5日から運行を開始した。車体には長崎電気軌道(株)時代の「正覚寺下」などの標示がそのまま残っている。電車の公開は4~6日に市が開催した「第1回移 ...

続きを読む »

白旗諒子さん『お日さま』刊行=農業に励む花嫁移民の生きざま

 イビウナ市在住の白旗諒子さん(76、長野県出身)が、今までに新聞などに寄稿した文章を抜粋して『お日さま』として日毎叢書企画出版からこの度刊行した。  白旗さんは、1943年7月に長野県に生れ、屋代南高校卒業後に埼玉県入間郡の精神薄弱児施設で保母見習いとして働いた。コチア青年の白旗信(まこと)氏(1960年移住、2次6回)と19 ...

続きを読む »

日本語まつりを20日に=作品展示、ワークショップも

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)は「第16回日本語まつり」を20日午前9時半から、聖市の同センター(R. Manoel de Paiva, 45 – Vila Mariana)にて開催する。  当日は「2019年全伯日本語学校生徒作品コンクール」の優秀賞が発表され、授賞式も行われる。同コンクールは5、6月 ...

続きを読む »