2019年10月5日の記事一覧

アーセナルの新星マルチネッリ(18)=3試合4ゴールの活躍に本国ブラジルのマスコミも騒ぐ

 サッカーのヨーロッパリーグ(EL)で4日に行われたアーセナル(イングランド)対スタンダール・リエージュ(ベルギー)戦で、18歳のブラジル人ストライカー、ガブリエル・マルチネッリが2得点1アシストの活躍を見せ、ブラジルのマスコミは、「第2のガビゴル誕生」と色めきたっている。  ガビゴルとは、現フラメンゴのブラジル代表FWガブリエ ...

続きを読む »

《ブラジル》ブルマジーニョでまた遺体発見=先日の遺体から僅かの距離で

 【既報関連】ミナス・ジェライス州ブルマジーニョにある、Vale社所有のコレゴ・ド・フェイジョン鉱山で1月25日に起きた鉱滓ダム決壊事故現場で、4日朝、新たな遺体が発見された。  腐敗がかなり進んでおり、午後3時現在では性別や身元が判明していないが、これにより、この事故で遺体が発見された犠牲者が251人に増える可能性がある。   ...

続きを読む »

《ブラジル政府》犯罪防止法の成立を議会より国民世論に訴える=法案PRキャンペーンに1千万レアル

ボウソナロ大統領(中央)(Antonio Cruz/Ag. Brasil)  ブラジル連邦政府は3日、犯罪防止法案(Pacote Anticrime)成立機運を高めるためのキャンペーンを開始した。3、4日付現地各紙、サイトが報じた。  ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)は当選後、人気判事だったセルジオ・モロ氏を法務大臣に抜擢 ...

続きを読む »

《ブラジル》連警が基本金利機密の漏洩捜査=BTGが内部者取引で大儲け?=パロッシの証言に基づく

パロッシ氏(Antonio Cruz/Agencia Brasil)  サンパウロ州の連邦検察と連邦警察は3日、国内最大の独立投資系銀行BTGパクチュアルのシニアパートナー、アンドレ・エステヴェス氏の不正を摘発する作戦を行った。エステヴェス氏は通貨政策委員会(Copom)が決める経済基本金利(Selic)に関する情報を事前に知り ...

続きを読む »

リオ市=マリエレ市議殺害で4人逮捕=銃器隠蔽投棄で捜査妨害容疑

 昨年3月14日に起きた、マリエレ・フランコ市議と運転手のアンデルソン・ゴメス氏殺害事件関連で、リオ市警が3日朝、退役軍警のロニイ・レッサ容疑者の妻らを逮捕したと3、4日付現地紙、サイトが報じた。  逮捕者は、レッサ容疑者の妻のエライネ・デ・フィゲイレド・レッサ、その兄弟のブルーノ・フィゲイレド、知人のマルシオ・モンタヴァノ・ゴ ...

続きを読む »

《サンパウロ》検事が判事に切りかかる=首筋を負傷も命に別状なし

 国税庁検察官のマテウス・カルネイロ・アスンソン検事が3日、第3地域裁(TRF3)所属の女性判事、ルイーゼ・フィウゲイラス氏にナイフで切り付け、殺人未遂で現行犯逮捕された。4日付現地各紙が報じた。  アスンソン容疑者は3日夕方、サンパウロ市中央パウリスタ大通りにあるTRF3の、フィウゲイラス判事の執務室に侵入した。  証言による ...

続きを読む »

《リオ市》アガタちゃん殺害の軍警が銃弾回収?=遺体のある病院に押しかけか

 9月20日夜、リオ市アレモン地区で起きた、アガタ・ヴィットーリア・フェリックスちゃん(8)の被弾、死亡事件に関して、アガタちゃんが運ばれた病院まで行った軍警が、彼女の死を招いた銃弾を回収しようとした疑いが生じている。4日付現地紙が報じている。  アガタちゃんは9月20日に母親とともに帰宅途中、コンビ車内で銃弾を受け、翌日亡くな ...

続きを読む »

《ブラジル》選挙関連法案を巡る動き=汚職に甘い法案、大統領が行使した拒否権の、さらに取り消しは?

 「汚職に厳しいボウソナロ大統領と玉虫色の議会の対立」構図は随所に展開されている。選挙助成金の使い方などを定めた法案PL5029もその一つだ。  汚職に甘い内容を多く含んだ法案は9月中旬に議会で承認されたが、月末には大統領が13項目を拒否。来年の地方選に間に合わせるために、議会が10月4日までに再度の拒否を行うかどうかが注目され ...

続きを読む »

東西南北

 3日、パリの市議会がルーラ元大統領を名誉市民にすることを承認した。同市議会はルーラ氏を、「ブラジルにおける社会的かつ経済的な不平等を減らすことに貢献した」という名目で推薦しており、それが認められた。同市のアンヌ・イダルゴ市長も、「3千万人にも及ぶブラジル国民を極貧から救った」と賛辞を送っている。フランスとブラジルとの関係は、ア ...

続きを読む »

県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(1)=トメアスーでの再会願う秋山さん

 ブラジル日本都道府県人会連合会が主催する「第51回移民のふるさと巡り」(山田康夫団長)が先月11~17日まで催行され、近年最多の173人が参加した。今回の訪問地は、90年目を迎えたアマゾン地域。パラー州トメアスー、ベレン、アマゾナス州マナウスの3都市で行われた祭典を中心に、カスタニャール市も含めた4都市を巡った。同地域に縁の深 ...

続きを読む »