2019年10月15日の記事一覧

サッカー=五輪代表、日本に敗れる=東京五輪で手ごわい相手に

 14日、ペルナンブッコ州レシフェのペルナンブッコ・アリーナで行われた五輪代表同士のサッカーの親善試合で、ブラジル代表は日本代表に2―3で敗れた。  6月に行われたフランスのトゥーロン・トーナメントで優勝して以来、好調なブラジル五輪代表はこの日、そのトゥーロンで決勝戦を戦った日本を地元に迎えた。  ブラジル代表は開始早々、コリン ...

続きを読む »

パラグアイでブラジル人2人逮捕=武器や麻薬供給グループの中心

 パラグアイの全国麻薬犯罪撲滅局が、犯罪組織に武器や麻薬を供給しているグループの中心人物とされるブラジル人2人を逮捕したと発表した。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです ...

続きを読む »

イルマン・ドゥウセ=ブラジル人女性で初の聖人に=13日にバチカンで列聖式=死後27年は史上三番目の早さ=生前にはノーベル賞候補にも

 13日、ブラジルの女性としては初めてのカトリック教会における聖人、イルマン・ドゥウセ(ドゥウセ・ロペス・ポンテス修道女、1914~1992年)の列聖式が、バチカン市国のサンペドロ広場で、フランシスコ法王の司式の下で行われた。14日付現地紙が報じている。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出し ...

続きを読む »

ブラジル北東部=1カ月半経ても続く原油漂着=セルジッペ州だけで100トン回収=流出源は外海の水中か?

 【既報関連】ブラジル北東部の海岸への原油漂着は1カ月半を経ても続いており、セルジッペ州で最初に原油の塊が発見されたピランブ海岸では、14日朝も新たな原油の塊が漂着したと14日付現地紙サイトが報じた。同州環境管理局(Adema)によると、同州では9月24日以降、100トン以上の原油が回収されている。  ピランブ海岸の清掃と監視は ...

続きを読む »

アマゾン森林伐採=1~9月は前年比93%も増える=9月ひとつきでも約2倍に

 【既報関連】今年1月~9月の法定アマゾンの森林伐採が93%増加したと、11日付現地紙が報じている。  今年最初の9カ月間のアマゾンでの森林伐採面積は7853平方キロメートルで、前年同期の4075平方キロメートルと比べて93%増加したことになる。  また、9月だけの比較だと、739・46平方キロメートルが1147平方キロメートル ...

続きを読む »

リオ市=火災被害のバジン病院再開=事故による犠牲者は19人に

 【既報関連】リオ市チジュッカ区のバジン病院が、9月12日の火災で閉鎖されていた病棟を再開させたと14日現地紙サイトが報じた。  バジン病院は、2000年に開設した病棟と18年に増設した病棟からなる。9月の火災で被害を受けたのは、2000年開設の旧病棟だ。  同病院は、通常入院用128病床、集中治療室32病床、手術室5、人工透析 ...

続きを読む »

エクアドル・スト=大統領側が遂に折れる=123%増の燃料代無効に

 13日夜、エクアドルのレニン大統領は、ストの中心勢力となっていた先住民のグループたちと会合を持った後、ストの原因となっていた燃料代の値上げ(補助金廃止)を取り消した。14日付現地紙が報じている。  3日から激化したストは、10日以上にわたって続き、国際的にも稀な規模の暴力沙汰に発展。逮捕者は1千人近くに達し、さらには国会議事堂 ...

続きを読む »

東西南北

 13日に行われたイルマン・ドゥウセの列聖式は、彼女が生前から有名人で国民にもなじみのあったことや、「ブラジル人最初の女性聖人」「歴史上、世界で3番目に早い聖人化」など話題性も大きかったことから大きく報じられた。ただ、宗教の宗派が違うと扱い方も異なるもので、福音派のウニベルサル教会のエジル・マセド大司教が会長を務めているレコルデ ...

続きを読む »

超大型台風19号で甚大な被害=各県人会から心配する声上がる=「支援始めるべき」との意見も

 超大型の台風19号が12、13日(日本時間)に関東、東北を中心に、河川の氾濫、家屋への浸水、土砂崩れなど大被害を及ぼした。ブラジルでも日本に住む親戚、友人や母県の被害を心配する声が上がっている。被害が大きかった地域の県人会に、県庁とのやりとりの様子や母県を心配する心情を聞いてみた。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに ...

続きを読む »

多和田葉子が対談「日本語は重要」=「雪の練習生」翻訳本を出版

 国際交流基金サンパウロ日本文化センター、トダヴィア出版が主催して10日晩、サンパウロ文化センターで多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)のポルトガル語版「雪の練習生」出版記念の公開対談が行われ、半分以上が非日系人を占める約30人が聞き入った(5面「樹海」に関連コラム)。  多和田葉子は1960年、東京生まれ。村上春樹と並ぶノ ...

続きを読む »