2019年10月19日の記事一覧

ビル倒壊の犠牲者6人に=事故直前に支柱を削る映像も

 【既報関連】15日の朝、ブラジル北東部のセアラー州フォルタレーザで起きたビル倒壊事故から4日目となる18日、事故直前に建物1階にある駐車場で、技師の指導の下で大工が支柱を削ったりしていた映像が公開された。  この映像はビルの中に設置された防犯カメラによるもので、大工が支柱の一つを削り始めたのは9時54分。1分後に技師2人から指 ...

続きを読む »

《ブラジル》フォルタレーザのビル倒壊から3日=救出作業続き、死者が4人に増える

 15日朝、ブラジル北東部のセアラー州フォルタレーザで起きた高級住宅地のビル倒壊事故から3日目の17日朝、4人目の遺体が回収された。  17日までに確認された死者は、当日1人、2日目2人、3日目1人の計4人だ。また、当日救出された生存者は7人で、現在も少なくとも6人の不明者の捜索作業が続いている。  身元が確認された死者は、倒壊 ...

続きを読む »

《ブラジル》PSL問題=「大統領をぶっとばす」=ボウソナロ派と党首派対立激化=エドゥアルドの立場危うく=報復合戦に巻き込まれる政治家も

ヴァウジール下議(Lucio Bernardo Jr./Câmara dos Deputados)  【既報関連】社会自由党(PSL)のボウソナロ大統領派が16日の夜起こした、同党下院リーダーに大統領三男のエドゥアルド下議を据え、ヴァウジール・デレガード下議を引きずり下ろす計画は失敗に終わり、ヴァウジール下議留任が決まった。その ...

続きを読む »

北東部原油汚染=漂着量が再び増える=流出源は700キロ沖か=回復には数十年を要す?

 【既報関連】8月30日から北東部の海岸に漂着している原油は、一時的に減ったかと思われたが再び増え、バイア州サルバドール市の沿岸などでの汚染が拡大していると17、18日付現地紙、サイトが報じた。  17~18日に新たな原油漂着が確認されたのは、アラゴアス州北部のマラゴジ海岸やサルバドール市ファロル・ダ・バーラ地区、ペルナンブコ州 ...

続きを読む »

ボリビア=明日、大統領選を実施=エヴォの4選目なるか?

 20日、ボリビアで大統領選を含む総選挙が実施される。注目は、2006年から現職を務めるエヴォ・モラエス氏が4選を果たせるかだ。18日付ブラジル国内紙・サイトが報じている。  エヴォ氏は2005、2009、2014年の3回の選挙に勝ち、今回も4選目を狙うが、その道のりは容易ではない。  一つは、エヴォ氏が16年2月に「大統領4選 ...

続きを読む »

《ブラジル》9月の雇用は15・7万の純増=9月としては13年以来の伸び

 全就労・失業者台帳(Caged)によると、9月の正規雇用者は15万7213人の純増で、9月としては2013年の21万1068人に次ぐ伸びとなったと17、18日付現地紙、サイトが報じた。  9月の新規採用は134万1716人で、解雇者の118万4503人を15万7213人上回った。今年に入ってからの数字で見ると、2月の19万13 ...

続きを読む »

最高裁=「2審有罪で刑執行か?」=審理は23日へ継続

 「ルーラ元大統領の釈放も起こりうる」と、かねてから注目されている最高裁での「2審有罪で刑執行か?」の問題に関する審理が17日にはじまったが、同日は2判事が見解を述べただけにとどまり、続きは23日以降となると18日付現地紙が報じている。  ジアス・トフォリ長官は審理の冒頭、「今回の審理は、個人的な事例に言及するものではなく、憲法 ...

続きを読む »

東西南北

 今週の後半は、もっぱら社会自由党(PSL)とボウソナロ一派の争いが国の話題を独占した。18日も、PSLのボウソナロ派の下院議員5人の活動停止が正式に宣言される一方、ネット上では大統領三男のエドゥアルド氏が架空の3レアルの肖像にジョイセ・ハッセルマン下議の顔を載せた写真を投稿し、「おまえの忠誠心など偽物だ」とジョイセ氏を批判。そ ...

続きを読む »

江差追分ブラジル支部創立30周年=「あと50年続けてほしい」=照井江差町長ら6人慶祝来伯

 「日本の海で生まれ、同じ海を通して私たちの心にたどり着いた『江差追分』の普及に貢献し、永続させていきたい」――江差追分ブラジル支部の馬欠場哲巨支部長は、そう力強く宣言した。「江差追分会ブラジル支部30周年記念式典」(久保田紀世実行委員長)が今月17日夜、北海道交流センターで開催され、約60人の民謡愛好家らが出席した。照井誉之助 ...

続きを読む »

□記者の眼□非日系も参加可能な日系研修、締め切り25日

 奈良県人会の青年部長、沖縄県人会カンポ・グランデ支部の芸能部長など、最近は日系団体における非日系台頭が目立ってきている。彼らと話していて不満が漏れるのは、県費留学生・研修制度の大半には「県人子弟」という縛りがかかっていることだ。  県人会活動は基本的に無報酬であり、何の金銭的なメリットもない。だから県人子弟ですら活動に参加する ...

続きを読む »