2019年10月25日の記事一覧

《サンパウロ州》職員が麻疹感染で診察停止=ジャウー市のアマラル・カルヴァーリョ病院で

 麻疹(はしか)流行で患者数もダントツの全国一のサンパウロ州で、内陸部の病院職員が麻疹に感染し、外来患者の診察などが一時的に停止される事態が起きた。  サンパウロ州の患者はサンパウロ市が最も多いが、最近は、サンパウロ市の患者増加率が鈍り、内陸部などに広がり始めていた。  そんな矢先に流れてきたのが、ジャウー市のアマラル・カルヴァ ...

続きを読む »

「軍政に密告されたかも」=国内きっての人気作家が「ブラジルのロックの父」の裏切り疑惑告白

 「アルケミスト」「ベロニカは死ぬことにした」などで世界的に知られるブラジルの人気小説家パウロ・コエーリョが23日、同国の「ロックの父」とも呼ばれる、1970年代の伝説のロック歌手、ラウル・セイシャスから裏切り行為にあっていた疑惑をツイッターで告白した。  コエーリョが人気作家となったのは1980年代後半で、それ以前の1970年 ...

続きを読む »

《ブラジル》ゲデス経済相=教育と保健の最低限度撤廃か=29日に憲法補足法案を提出の予定=「柔軟な支出対策」主張も=マイア議長は早くも難色

ゲデス経済相(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)  パウロ・ゲデス経済相が、州や市が教育や保健衛生のために割く経費の最低限度額を、二つあわせて何%という形に変更することを含む、財政と予算に関する基準変更の憲法補足法案(PEC)を準備していることが明らかとなっている。この件に関しては国民の強い反発が予想 ...

続きを読む »

《ブラジル》北東部=原油汚染で健康被害確認=魚介類からも重金属検出=回収した原油の扱いで混乱

 【既報関連】8月30日以降続く、北東部への原油漂着で、人体への健康被害や、魚介類の重金属汚染が確認され始めたと23、24日付現地紙、サイトが報じた。  原油が漂着した市や海岸に関する報告は、8月30日以降、連日繰り返されている。今月初旬は漂着が止まっていたペルナンブコ州では、24日未明も北部イタマラカー市のパウ・アマレロ海岸や ...

続きを読む »

検察庁がルーラ裁判の無効化請求=アチバイアの第1審について

 連邦検察庁が第4地域裁(TRF4)に対し、ルーラ元大統領のサンパウロ州アチバイアの別荘を介した収賄疑惑に関して、1審の判決を無効にするように申し出ていたことがわかった。24日付現地紙が報じている。  訴えを起こしたのは連邦検察庁のマウリシオ・ジェルム地域検察官で、今年2月に行われた、アチバイアの別荘に関するルーラ氏の裁判の判決 ...

続きを読む »

チリ=デモでの死者が18人に=4歳の少女まで犠牲に

 チリで先週から激化したデモは現在も続いており、犠牲者は4歳の子供も含む18人となった。24日付ブラジル国内紙が報じている。  22日までの犠牲者は15人と報じられていたが、23日に3人増え、18人となった。  23日に亡くなった4人のうち、4歳の少女と1人の男性は、飲酒運転の自動車の運転手が、デモ隊に突っ込んで人をはねた際に亡 ...

続きを読む »

《ブラジル》パラー州=大規模森林火災の捜査進展=携帯ソフトで連絡とり実行?

 8月10、11日にパラー州南西部のアウタミラとノヴォ・プログレッソで発生した大規模な森林火災に関し、連警が22日に「火災協定作戦」を敢行、農園主や企業家の自宅などの家宅捜索を行ったと23、24日付現地紙サイトが報じた。  8月は法定アマゾンの森林火災急増で、国際的にも注目された時期で、パラー州南西部は森林火災が目立って増えた地 ...

続きを読む »

東西南北

 23日夜、サッカーのリベルタドーレス杯準決勝第2試合、ブラジル勢同士の対決となったフラメンゴ対グレミオは、フラメンゴが怒涛の攻撃で5―0(2試合合計6―1)とし、同杯3年連続ベスト4入りの強豪グレミオを粉砕。地元マラカナンの応援団を沸かせた。この試合、前半は緊迫していたが、前半43分に先制後はフラメンゴの攻勢が止まらなくなった ...

続きを読む »

日メルコスルEPA進展か=ボウソナロ大統領訪日で=安倍総理11月来伯で交渉開始?

 ボウソナロ大統領は日本時間21日午後に東京に到着し、22日の天皇陛下の「即位の礼」に参列した。23日付エスタード紙電子版によれば、23日に安倍晋三総理大臣と15分間ほど会談したあと、ボウソナロ大統領は「日本メルコスールEPA交渉に関して、さらに一歩を踏みだした」と記者団に語った。  今回安倍・ボウソナロ会談は3回目、時間にして ...

続きを読む »

さくらホーム=入居者募集中、快適な老後を=桜舞う「ブラジルのスイス」で

 桜が舞う「ブラジルのスイス」で仲間とゆっくり老後を――日伯福祉援護協会(与儀上原昭雄会長)が、高齢者養護施設「さくらホーム」(鈴木厚生運営委員長、原マリコ施設長)の入居者を募集中と聞き、取材に訪れた。  自分で身の回りの世話ができる人向けの長期滞在型高齢者養護施設で、医師や介護スタッフら医療・福祉の専門家によるサポートを受けな ...

続きを読む »