2019年11月22日の記事一覧

日本人と相性抜群の韓国料理店=Moah Restaurante

 甘辛いタレに漬け込んだ上質な牛肉をジューッと焼いて、サンチュ(包菜、つつみな)でさっとくるんで口へ運ぶ――肉のうま味と甘辛いタレが口に広がり、サンチュでさわやかに締まる。これがプルコギの醍醐味だ。  サンパウロ市のアクリマソン公園にほど近い、モダンなレストランや専門店が点在する閑静な住宅街。その一角に、本場の韓国料理を堪能でき ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》Jリーグで活躍のワシントン、CBFの要職に就任=「ブラジルサッカー益々発展させる」と意気込む

 Jリーグの東京ヴェルディや浦和レッズなどで2005年から2007年にかけて活躍、2006年には得点王にも輝いた元ブラジル代表FWのワシントン(44)が、ブラジルサッカー連盟(CBF)の「ブラジルサッカー推進ディレクター」に就任することが決まった。  今年4月、CBF新会長にロジェリオ・カボクロが就任したのと同時に設置された「ブ ...

続きを読む »

《ブラジル》消費意欲が4カ月連続アップ=前年比では8・7%も増大

 ブラジル全国財・サービス・観光商業連合(CNC)は21日、11月の家計消費意欲指数(ICF)が前月比1・3%アップの95・2ポイントだったと発表した。  ICFは4カ月連続で前月比増を記録しており、昨年の11月と比べても8・7%アップだ。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みで ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領次男がマリエレ元リオ市議殺害事件に関与?=リオ市警が仮説立て捜査中=本人は12日から姿消す=最高裁長官は長男を擁護

カルロス・ボウソナロ氏(Caio Cesar/CMRJ)  20日、リオ市議で大統領次男のカルロス・ボウソナロ氏(休職中)が2018年3月のマリエレ・フランコ市議殺害事件に関与した疑いで捜査を受けているとの報道が飛び出した。また、最高裁の審理では、ジアス・トフォリ長官が大統領長男フラヴィオ氏の擁護に繋がる票を投じるなど、ボウソナ ...

続きを読む »

《ブラジル》黒人尊厳日の前日に反黒人差別の絵を下議が剥がす=「この絵こそ差別」と発言

コロネウ・タデウ下議の行為に抗議するダヴィド・ミランダ下議(中央)たち(Lula Marques)  黒人尊厳日(黒人の意識高揚の日)の11月20日を翌日に控えた19日、ブラジリアの連邦議会下院内で展示されていた、反黒人差別アート作品をコロネル・タデウ下議(サンパウロ州選出、社会自由党・PSL)が引き剥がし、踏みつけて割ったと、 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領=「森林伐採や焼畑は文化」=アマゾンは「売らない」とも

 【既報関連】ボウソナロ大統領が20日、「法定アマゾンでの森林伐採や焼畑(森林火災)は文化」と発言。森林伐採抑制資金を要請するため、リカルド・サレス環境相が国際環境会議出席の意向を表明すると、「アマゾンを売るような政策は認め難い」とも語ったと20、21日付現地紙、サイトが報じた。  国立宇宙研究所(Inpe)が18日、法定アマゾ ...

続きを読む »

《ブラジル雇用情勢》第3四半期で若干改善=失業率低下はサンパウロ州だけ

 ブラジル地理統計院(IBGE)が19日に発表した全国家計サンプル調査継続版(Pnadコンチヌア)によると、全国26州と連邦直轄区を個別に見た場合、第3四半期はサンパウロ州だけが第2四半期比で失業率が低下したことが分かった。20日付ブラジル国内各紙が報じた。  サンパウロ州の失業率は12・8%から12・0%に低下した。一方、失業 ...

続きを読む »

《サンパウロ州議会》PSL議員がピノチェト式典提案=チリの独裁者に強い反発

 サンパウロ州議会で、社会自由党(PSL)の議員が、チリの独裁者、アウグスト・ピノチェト氏を称える式典を提案していたことが明らかになった。21日付現地紙が報じている。  提案を行ったのはPSLのフレデリコ・ダヴィラ州議だ。同州議によると、12月10日はピノチェト氏の命日(2006年没)であり、「米国のレーガン大統領や英国のサッチ ...

続きを読む »

東西南北

 男性が、物乞いをする路上生活者の女性に対して銃弾を放ち、射殺した映像が流れ、話題となっている。この事件は16日朝、リオ市近郊のニテロイ市で起こった。ジウダさんという31歳の女性は、ゆっくりとした足取りで商人の男性の傍、約1メートルの所を歩きながら金をくれと頼んだが、苛立った男性が銃を抜いて発砲。倒れた被害者を助けようともせず、 ...

続きを読む »

福岡=世界から「郷土愛」持ち寄る=第10回県人会世界大会=(上)=「ふるさと」は父の名残り

 【福岡県発】「第10回海外福岡県人会世界大会」が、今月6日から9日にかけて福岡県で開催された。22カ国・地域から母県を懐かしむ移住者とその子孫、駐在員ら約350人が集まった。今回ブラジル、ペルー、パラグアイからの参加者を取材し、家族の歴史や母県への思いを聞いた。  大会初日は初冬だったが、上着がなくても寒くない快適な日和となっ ...

続きを読む »