2018年11月8日の記事一覧

イベント情報

EXPOSIÇÃO   INSTALAÇÃO “RACE CARDS” DE SELINA THOMPSON NO INSTITUTO TOMIE OHTAKE Onde: Instituto Tomie Ohtake (Rua Coropés 88, Pinheiros) De 10/11 a 20/11/2018 ...

続きを読む »

《ブラジル》10月のインフレは0・45%=10月としては3年ぶりの高い数値

2015、16年に比べると緩やかだが、インフレペースは去年より加速している。(参考画像・Marcelo Camargo/EBC)

2015、16年に比べると緩やかだが、インフレペースは去年より加速している。(参考画像・Marcelo Camargo/EBC)  ブラジル地理統計院(IBGE)は7日、今年10月の広範囲消費者物価指数(IPCA・インフレ率)は0・45%で、10月の値としては、0・82%だった2015年以来の高い数値を記録したと発表した。  今 ...

続きを読む »

《ブラジル》モロ判事「ボウソナロは危なくない」=法相内諾の会見で語る=政治的理由での就任否定=気になる汚職防止法案は?

6日のモロ氏(Hedeson Alves/EFE/Direitos Reservados/Agência Brasil)

6日のモロ氏(Hedeson Alves/EFE/Direitos Reservados/Agência Brasil)  ジャイール・ボウソナロ次期政権の法相が内定しているセルジオ・モロ連邦地裁判事が6日、パラナ州クリチーバで会見を行った。同判事はその中で、ボウソナロ氏の印象や引き受けるに至った経緯、汚職防止法案の今後などにつ ...

続きを読む »

《ブラジル》重くのしかかる公務員人件費=16州・直轄区が純収入の6割超=公共サービスの維持も困難

マンスエト・アルメイダ国庫庁長官(Agencia Senado)

マンスエト・アルメイダ国庫庁長官(Agencia Senado)  ブラジル国庫庁が6日に発表した報告書によると、昨年は、16州と連邦直轄区が、財政責任法の定める「純収入の60%を超える額を人件費に使ってはいけない」との項目に抵触していた事が分かった。7日付現地紙が報じている。  純収入の60%以上を人件費に費やすと、州の責務で ...

続きを読む »

《ブラジル》米州機構が人権視察団派遣=8州で先住民保護区など訪問

5日にブラジリアに到着した視察団の一行(José Cruz/Agência Brasil)

 米州機構の人権視察団が5日から、先住民保護区やキロンボ(逃亡奴隷集落)の訪問、社会運動を行っている諸機関の代表との会見などを行っていると1、7日付現地紙サイトが報じた。  同視察団は12日まで滞在し、サンパウロ州、リオ州、バイア州、ロライマ州、マット・グロッソ・ド・スル州、ミナス・ジェライス州、パラー州、マラニョン州の8州を訪 ...

続きを読む »

《ブラジル》SBTの愛国メッセージに視聴者困惑=軍政時代のスローガン使う

 6日、テレビのSBT局で、軍政時代(1964~85年)の愛国的スローガンがメッセージ画像として流れたことで視聴者から苦情が殺到する事態が起こった。7日付現地紙が報じている。  問題の画像には「ブラジル、アメ・オ、デイシェ・オ(ブラジルを愛するか、出て行くかだ)」と書かれている。この画面の文字はブラジル国旗の色である緑と黄色と青 ...

続きを読む »

《ブラジル》上下水道不備の損失は563億レアル=北部7州はまだ9割が下水垂れ流し

ブラジル北部アクレ州での水道設備工事の様子(参考画像・Arison Jardim/SecomAcre)

ブラジル北部アクレ州での水道設備工事の様子(参考画像・Arison Jardim/SecomAcre)  ブラジルの上下水道整備促進のための調査、研究機関、トラッタ・ブラジルの調査によると、上下水道整備が国全体に行き届いていないせいで、ブラジルは年間563億レアル分の損失を被っている事が分かった。7日付現地紙が報じている。  「 ...

続きを読む »

東西南北

 6日、米国で中間選挙が行われ、上院は共和党が過半数を保ったが、下院は民主党が8年ぶりに過半数を獲得した。今回の選挙は、トランプ大統領がボウソナロ氏と比較されることが多い人であるがゆえ、ブラジル在住者としても気になるところ。そこまで「変革」を感じさせるものでもなかったが、これまでのような「共和党圧倒優位」というわけでもなくなった ...

続きを読む »

コチア産組の栄華を偲ぶ=ピニェイロス文化親睦会55周年=山下譲二さん「日本人街だった」

来賓や出席者の皆さん

 ピニェイロス文化親睦会の創立55周年記念式典が10月28日、サンパウロ市のピラチニンガ文化体育協会で開催され、60人余りが参加して賑やかに祝った。ピラチニンガ文協の傘下組織で、創立期にはコチア産業組合中央会のお膝元の日本人会としてにぎわい、会員数は800家族を数え、中央会会長になった井上ゼルバジオさんが親睦会代表を務める華やか ...

続きを読む »

県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(14)=先祖が導いた百年後の奇跡=孫の代で解き明かされる親族関係

(右から)日野さん、エジーナさん、妻・芳江さん(提供写真)

 水上公園の中を歩いていると、前述の日野寛幸さん(=第2回で掲載)が「ぜひ、聞いてもらいたいことがある」と話しかけてきた。日野さんは57年に家族と移住し、ジャーレスで育った。すでにジャーレス訪問を終えた後で、このツアーの目的はほぼ果たされたものと思われていた。  日野さんは「まさかこういうツアーに初めて参加して、こんなことが起こ ...

続きを読む »