2018年11月9日の記事一覧

《ブラジル》2019年穀物収量=今年より若干減の2億2670万トンの予測

広大な国土のブラジルの穀物収穫量は年間2億トン以上になる(参考画像・Agencia Brasil)

広大な国土のブラジルの穀物収穫量は年間2億トン以上になる(参考画像・Agencia Brasil)  ブラジル地理統計院(IBGE)は8日、2019年の穀物収穫量に関する予想を発表した。  それによると、2019年の穀物収穫量は2億2670万トンで、2億2720万トンと予測されている今年の収穫量より0・2%減少すると予測されてい ...

続きを読む »

ブラジルGP=初の自国レーサーなしの開催=過去の栄光のF1大国も

 11日、毎年恒例のF1のブラジルGPがサンパウロ市のインテルラゴス・サーキットで開催されるが、今年はブラジルとしては残念なことに、1972年の最初の開催以来、自国レーサーが誰もいない、初めての大会となる。  ブラジルはサッカーのみならず、F1でも世界に誇る王国として長らく知られていた。ブラジルGPにおいても、過去に国内レーサー ...

続きを読む »

リオ市=大雨で市内に注意報発令=24時間で1カ月分の雨

 リオ市では7~8日にかけて強い雨が降り、一部地域では、24時間の間に11月の平均降水量を上回るほどの豪雨となった。  8日朝6時過ぎの時点で最も降水量が多かったのは、同市海岸部のサウデ区で、降り始めからの雨は、24時間で月間平均降水量の104%に達した。  リオ市には7日午後9時15分から大雨注意報が出されており、8日未明も強 ...

続きを読む »

ボウソナロ=新政権は18省庁に?=「毒の女王」が農相で波紋?!=労働省は強引に廃止分割=CGUは猛反発で残留へ

テレーザ・クリスチーナ氏(Antonio Cruz/Ag. Brasil)

テレーザ・クリスチーナ氏(Antonio Cruz/Ag. Brasil)  ジャイール・ボウソナロ次期大統領は7日、労働省を廃止して分割統合することを発表。省庁は最終的に18となりそうだ。また、同日に同氏が行った次期農相指名が、早くも問題となっている。8日付現地紙が報じている。  ボウソナロ氏は7日、高等裁判所でジョアン・オタ ...

続きを読む »

《ブラジル連邦上院》最高裁判事の給与を約4万レアルに増額=公庫支出は年41億レアル増=ボウソナロ就任前に爆弾法案

7日の上院本会議の様子(Jefferson Rudy/Agencia Senado)

7日の上院本会議の様子(Jefferson Rudy/Agencia Senado)  ブラジル連邦上院議会は7日、連邦最高裁判事の給与を16・38%増額調整する法案を賛成41、反対16、棄権1で可決したと8日付現地各紙が報じた。  これにより、最高裁判事の給与は、月額3万3700レアルから3万9300レアルに増額される。テメル ...

続きを読む »

ラヴァ・ジャット=「ルーラ個人への見返り」=アチバイアの別荘疑惑で

別荘改修の件などの裁判でも鍵となる証言を行っているマルセロ・オデブレヒト被告(Cicero Rodrigues/World Economic Forum 、15/04/2009)

別荘改修の件などの裁判でも鍵となる証言を行っているマルセロ・オデブレヒト被告(Cicero Rodrigues/World Economic Forum 、15/04/2009)  パラナ州クリチバの連邦地裁で7日、サンパウロ州アチバイアの別荘改修工事に関する公判が行われ、工事はルーラ元大統領への見返りで、その事は本人も知ってい ...

続きを読む »

サンパウロ市市議会=レイテ議長が縁故で役職=息子の恋人が広告・広報業務

 サンパウロ市市議会のミウトン・レイテ議長(民主党・DEM)が、息子の恋人に市の業務を与えていたことが明らかになった。8日付現地紙が報じている。  仕事を受けたとされるのはジスライネ・エレーダ・ピニェイロ氏(通称ジッカ)で、同氏はレイテ議長の息子で市会議員のミウトン・レイテ・フィーリョ氏の恋人だ。 ※このコンテンツを閲覧するには ...

続きを読む »

英国調査=教師への尊敬度でブラジルは35カ国中最下位=「教師を尊敬」わずか9%

教師が尊重され、待遇も改善される事で、教育の質も高まる(参考画像・Hedeson Alves/SEED)

 英国のヴァーキー財団が世界35カ国で行った、教師がどれほど社会的、経済的に尊重されているかを測った調査の結果が発表され、ブラジルは最下位だったと、8日付ブラジル紙が報じた。  ブラジルでは教師が尊敬されておらず、給与も低い上、将来も不安定な職業と認識されている事が調査で判明した。5年前の2013年に行われた初回調査は、世界21 ...

続きを読む »

東西南北

 ジャイール・ボウソナロ氏が大統領に就任する際、国民の気になることの一つは「銃の自由化」の問題だ。サンパウロ市ではそれを見越してか、もうすでに、「銃所有申請」の宣伝を行っている企業が存在しているという。それは、南部サントアマーロにある「カルトーリオ・ファーシル」という会社で、「あなたの家族を守るため」とのキャッチフレーズで、「1 ...

続きを読む »

《ブラジル》UCES=創立70周年記念式典を開催=ピエダーデ文協に約500人=5から24団体に拡大発展

除幕された70周年記念プレート

 サンパウロ州の南西地区が連合会を作って70周年――聖南西文化体育連合会(UCES、山村敏明会長)の『創立70周年並びにブラジル日本移民110周年記念式典』が4日、ピエダーデ文化体育協会で行われた。傘下24の文協から約500人が参加し、同連合会の節目を盛大に祝った。  午前9時から開拓先没者追悼法要が行なわれ、イビウーナ日伯寺の ...

続きを読む »