2018年11月15日の記事一覧

イベント情報

EXPOSIÇÃO   RYUKYU BINGATA – Cores e Formas das Artes Têxteis de Okinawa Onde: Biblioteca da Fundação Japão (Av. Paulista 52, 3º andar, Bela Vista) De 10/11 a 1 ...

続きを読む »

大学への司法介入とメディアへの検閲問題

 10月31日と今月8日に、表現の自由や言論の自由、知る権利や知らせる義務に関する判決が出た▼10月のは、統一選の決戦投票前に大学内で起きた、思想的に偏ったと見られる活動への司法介入後、大学運営への司法介入や警察導入を禁じた暫定令を最高裁が承認した事だ。同裁は民主主義における多様性の重要性や表現の自由を擁護し、授業内容を査察する ...

続きを読む »

《ブラジル》サービス業=9月の売上は前月比0・3%マイナス=第3四半期は前期比0・8%のプラス

 ブラジル地理統計院は14日、9月のブラジル全体のサービス産業の売上は前月(8月)比0・3%減となったが、昨年9月比では0・5%増だったと発表した。  また、前年10月から今年9月までの直近12カ月の累積はマイナス0・3%、今年1月から9月までの累積はマイナス0・4%だったが、第3四半期の累積は、第2四半期の売上を0・8%上回っ ...

続きを読む »

セレソン=チッチが独占インタビュー=2022年のW杯への抱負は?

10月、サウジアラビアでのチッチ氏(Lucas Figueiredo/CBF)

 サッカーのブラジル代表チーム(セレソン)は16日と20日に次の親善試合を行うが、グローボ局のスポーツ・サイト「グローボエスポルテ」がチッチ監督への独占インタビューを掲載したので、その一部を紹介する。  2018年のW杯ロシア大会は準々決勝敗退となったが、チッチ監督はその敗戦を、「もう少し早く監督を引き受けていたら、違うパターン ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ次期政権=国防相にアゼヴェド氏指名=政界に近い柔軟な軍人=海空軍は「長老を」と反発=軍政復帰の可能性は否定

アゼヴェド氏(左)(Marcelo Camargo/EBC/FotosPúblicas)

アゼヴェド氏(左)(Marcelo Camargo/EBC/FotosPúblicas)  ジャイール・ボウソナロ次期大統領は13日、次期国防相に陸軍退役軍人のフェルナンド・アゼヴェド・エ・シウヴァ氏を指名した。14日付現地紙が報じている。  ボウソナロ政権は、陸軍大尉(キャプテン)の経歴のあるボウソナロ氏はじめ、元陸軍大将のア ...

続きを読む »

《ブラジル》政府がロライマ州の刑務所管理を統括=検察庁長官の要請に応じる

テメル大統領(左)とスエリー・カンポス知事(写真は去年の会談時のもの、Alan Santos/PR)

 ブラジル連邦政府は13日、今年12月31日までを期限として、国内北端の州である、ロライマ州の刑務所機構管理及び、社会教育部門を連邦政府が統括するための協力協定に署名したと、13、14日付現地紙・サイトが報じた。この場合の「社会教育部門」は、違反行為を犯した未成年者の罰則、更生機関で、いわゆる少年院に相当する。  ブラジル連邦政 ...

続きを読む »

《ブラジル》第3四半期の失業率は11・9%に=北東部や黒人系、女性は高め

 地理統計院(IBGE)が14日、第3四半期の失業率は11・9%に下がったが、北東部の失業率は14・4%に上り、黒人や褐色(パルド)、女性はより失業率が高いと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。同院は、14歳以上で職を探したが見つからなかった人を失業者としている。  州別失業率上位5州は、北部のアマパーが18・3%で1位だった ...

続きを読む »

《ブラジル》ゴールドファジン中銀総裁が退任か=後任にはR・カンポス氏が有力

 ジャイール・ボウソナロ次期大統領(社会自由党・PSL)の政権移行チームは、イラン・ゴールドファジン現ブラジル中銀総裁の後任の人選に当たっていると、13、14日付現地紙・サイトが報じた。  13日にブラジリアのブラジル銀行文化センター(CCBB)で行われた政権移行スタッフ会議には、次期政権の経済相就任が内定しているパウロ・ゲデス ...

続きを読む »

《サンパウロ州》ドリア次期知事が州保安局長に退役軍人を指名=公約は「警察官」だったが

 13日、ジョアン・ドリア次期サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)は、次期保安局長として、退役軍人のジョアン・カミロ・ピーレス・デ・カンポス氏を指名したと発表した。14日付現地紙が報じている。  サンパウロ州が保安局長に軍関係者を就任させるのは、軍政時代の1979年のエラズモ・ジアス氏以来となる。 ※このコンテンツを閲覧する ...

続きを読む »

東西南北

 ボウソナロ政権で官房長官就任が確定しているオニキス・ロレンゾーニ氏に、再び収賄疑惑が浮上した。同氏は昨年、食肉大手JBSから下院選挙時に10万レアルの不正献金を得ていたことを追及され、自身も認めていたが、今度は12年の賄賂支払分配表に同氏の名前があり、10万レアルが支払われたことが判明した。オニキス氏に関しては、法相就任予定の ...

続きを読む »