2018年10月2日の記事一覧

《ブラジル》殺人容疑者がリンチに遭い死亡=前日殺した市民の遺族らの報復か

事件について報じたG1サイトの記事の一部

 ブラジル北部のアクレ州内陸部のカピシャバ市で9月27日夜、殺人容疑で捕まったエリソン・デ・ソウザ・サントス容疑者(19)が、警察署に乗り込んだ住民達からリンチに遭って死亡するという事件が起きた。  同容疑者が捕らえられていた警察署を襲った住民達は、署の門や錠前をハンマーなどで壊し、同容疑者を房から引きずり出した。サントス容疑者 ...

続きを読む »

リオ市西部=走行中の高速バスで脱輪=幸いな事にケガ人はゼロ

事故の様子を報じたG1サイトの記事の一部

 リオ市西部の高速バス専用道で、走行中のバスのタイヤが外れ、バスが停車を余儀なくされる事故が起きたが、ケガ人などは出なくて済んだ。  事故が起きたのは、ピンゴ・ダグア駅~サウバドール・アレン駅間で、幅寄せしようとしたところ、突然、タイヤが外れたという。  この事故の後、高速バスを運行するBRTは、高速バス専用道の管理が不十分なた ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選=週末に二極化が激化=反ボウソナロ抗議は国際規模=親ボ集会も全国的に展開=投票まであと一週間切る

ボウソナロ抗議活動(Rovena Rosa)

ボウソナロ抗議活動(Rovena Rosa)  9月29日、全国62の都市で極右大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏に対して、女性を中心とした抗議活動が行われた。翌30日は、全国26都市でボウソナロ氏を支援する集会が行われ、大統領選の二極化を印象付けた。9月30日、1日付現地紙が報じている。  9月29日に行われた反ボウソナロ抗議 ...

続きを読む »

《ブラジル》移植用の臓器提供増える=前年上半期より7%増加=それでもまだ4万人が順番待ち

摘出された臓器を移送するために小型機に運ぶ人々(Arnaldo Alves/ANPr)

 保健省が9月27日、今年上半期に提供された臓器は昨年同期比で7%増えたが、手術の数はさほど増えておらず、順番待ちの人はまだ4万1266人もいると同日付現地紙サイトが報じた。  臓器移植を必要としながら、適合する臓器がないために順番を待つ人の数は、2016年の4万2523人から4万4332人に増えた後、4万1266人に減った。 ...

続きを読む »

《ブラジル》大半の州の知事選は中道系がリード=大統領選とは全く異なる様相に

 大統領選の現状とは裏腹に、知事選の世論調査では、民主運動(MDB)や民主社会党(PSDB)といった中道候補が、連邦直轄区を含む全27州中、半分以上で首位に立っていると、9月30日付現地紙が報じている。  大統領選ではジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)の対決が注目されているが ...

続きを読む »

《ブラジル》8月の失業率はやや低下=意に反する条件の労働者増

 地理統計院(IBGE)が9月28日、6~8月の平均失業率は12・1%で、数の上では改善したが、今も1270万人が失業中と発表したと9月28、29日付現地紙、サイトが報じた。  失業率は5カ月連続で低下しており、8月は今年に入ってから最も低くなった。また、失職中の人は、前期(3~5月)より52万9千人減った。昨年6~8月の失業率 ...

続きを読む »

《ブラジル》女性歌手のアンジェラ・マリア死去=エリス・レジーナらにも影響

 1950年代に一世を風微し、長きにわたり活躍してきた女性歌手、アンジェラ・マリアが9月29日、入院先のサンパウロ市の病院で心不全のために亡くなった。89歳だった。1日付現地紙が報じている。  1929年にリオで生まれたアンジェラは、18歳だった1947年から歌手活動をはじめた。  彼女は早くから注目を集め、その歌声はこの当時全 ...

続きを読む »

東西南北

 9月30日、サンパウロ大都市圏では昼間に強い雨が降った。この雨により、サンパウロ市では6カ所で土砂崩れ、28カ所で冠水が起きるなどの被害が出た。この雨により、主要水系には大量の雨がもたらされ、グアラピランガの53・4ミリを筆頭に、カンタレイラが36・2ミリ、アウト・チエテが24・2ミリを記録。雨季に入りはじめる10月は水不足が ...

続きを読む »

日系人がメダル16個の快挙=伯国金14個中10個が日系=世界マスターズ陸上大会で

世界大会でメダルを獲得した皆さん

 第23回世界マスターズ陸上競技選手権大会が、9月4日から16日までスペインのマラガ市で開催された。世界130カ国・地域から約8700人の選手が参加した。マスター陸上ブラジル協会(ABRAM)サイトの発表によれば、伯国からは選手団は67人で計26個のメダルを獲得した。うち金メダルは14個で、その中の10個が日系選手という快挙を成 ...

続きを読む »

池坊橘支部=母から子に支部長を継承=帰伯二世、生花普及に尽くした半生

凉孝さんに支部長任命証が授与された

 「幼き頃に生花の美しさに感動し、今日まで一途に池坊の道を歩んできた。それも多くの皆様の弛まぬお力添えのおかげ。ただただ感謝で胸が一杯です」。先月14日、文協貴賓室で開催された華道家元ラテンアメリカ橘支部主催「第34回記念花展」で、創立以来支部長を務めてきた田中凉華さん(89、二世)は辞意を述べ、息子・凉孝(55、三世)さんを後 ...

続きを読む »