2018年10月26日の記事一覧

リヴラリア・クウツーラ=民事再生の手続き行う=ブラジルを代表する最大手老舗書店

パウリスタ大通り前のクウツラルの本店(編集スタッフ撮影)

 ブラジルの書店最大手のリヴラリア・クウツーラ(以下クウツーラ)が24日に民事再生の手続きを行い、出版界や産業界に大きな波紋を投げかけている。  クウツーラは1947年にエヴァ・ヘルツ氏が創業した書店で、本店はサンパウロ市最大の繁華街パウリスタ大通り沿いでコンソラソン駅前の大型商用ビル「コンジュント・ナシオナル」の中にある。   ...

続きを読む »

《ブラジル》環境保護のため、国家治安部隊をアマゾンに派遣=違法森林伐採監視職員への攻撃激化

環境保護監視活動IBAMA職員(参考画像・Gustavo Bediaga/Ibama)

 ブラジル連邦政府は、生物多様性保護のためのシコ・メンデス研究所(ICMBio)の活動を保護するため、アマゾンの大森林のあるブラジル北部に国家治安部隊(FN)を派遣することを決めた。  ICMBioは法定アマゾンの森林の違法伐採などを監視している団体で、違法伐採撲滅のための作戦を展開中の19日午後、パラー州トライラン市で、衛星写 ...

続きを読む »

《ブラジル》「私は既に死んでいた?」=投票を拒否されて驚愕の発見

事件について報じたG1サイトの記事の一部

 7日に行われた統一選の一次投票で投票を拒否された男性が、自分は既に死んだ事になっており、死亡証明や墓まである事を発見するという事件が起きた。  例年は無効票を投じてきたが、今年は誰に投票するかを決めて投票所に行ったら、死亡者名簿に名前があるとの予期せぬ理由で投票を拒否されたというのは、サンパウロ州スザノ市在住のカルロス・フェル ...

続きを読む »

《ブラジル》フォーリャ紙=「ボウソナロはチャヴェスに近い」=ブラジルのベネズエラ化警告=独裁政権化の兆し各所に?!=憲法や最高裁の見方などで

チャヴェス氏を称える銅像(Péricles Chagas/MST)

チャヴェス氏を称える銅像(Péricles Chagas/MST)  大統領選の選挙キャンペーンで「ブラジルをベネズエラに変えてしまう」と、対抗のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)に対する警鐘を鳴らしているジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の方法論が、ハダジ氏以上に、ベネズエラの独裁者と呼ばれた、軍隊出身のウゴ ...

続きを読む »

《ブラジル》来年からの新下議中、「社会保障改革に賛成」は227人=議会承認にはあと81票必要=改革の中身に意見の相違も

マルセロ・カエターノ社会保障局長(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

マルセロ・カエターノ社会保障局長(Antonio Cruz/Agencia Brasil)  7日のブラジル統一選で当選し、来年2月に連邦下院議員として就任する513人中、227人が社会保障制度改革に賛成と答えたと、25日付現地紙が報じた。  現地紙が513人の新下議に行ったアンケートによると、社会保障制度改革に賛成が227人、 ...

続きを読む »

CV首領奪回計画のブラジル人死亡=パラグアイ警察との銃撃戦で

ダイナマイトが積み込まれた車(Polícia Nacional do Paraguai/Divulgação)

 ブラジルの国境からパラグアイ側に10キロ入ったプレジデンテ・フランコ市(アスンソン市の東方330キロ)で24日未明、リオ市に本拠を置く犯罪集団コマンド・ヴェルメーリョ(CV)の首領奪回を企てていたブラジル人3人が、パラグアイ警察との銃撃戦で死亡したと24、25日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  パラグアイ当局の発表によると ...

続きを読む »

《ブラジル》鉤十字事件=警察は「自作自演」と判断=ボウソナロ支持者による襲撃ではなく

 【既報関連】8日にリオ・グランデ・ド・スウ州ポルト・アレグレ市で起きた、19歳の女性が大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏の支持者3人に襲われ、腹部にナチスの鉤十字型の傷をつけられたと訴えた件で、捜査の結果、警察はその女性の自作自演と判断、偽証罪で起訴する意向だ。25日付現地紙が報じている。  この件は、同性愛者支援を示すLGB ...

続きを読む »

《ブラジル》8割が処方箋なしに薬服用=ネット医学の鵜呑みは危険

 製薬市場研究機関の科学技術品質研究所(ICTQ)によると、16歳以上のブラジル人の79%が医師の処方箋もなく、自己投薬している事がわかった。25日付現地紙が報じている。  この数値は調査が始まった2014年以降、最大だ。医師の処方なしに薬を服用する人の比率は、14年は76・2%で、16年は72%だった。  調査担当者からは、「 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市会計検査局(TCM―SP)は24日、同市に対して、市内のバス路線の大幅な変更に伴う入札に必要な資金の調達を了承した。しめて680億レアルで、落札業者は20年間の契約をすることになる。ジョアン・ドリア前市長の頃から進められていた計画では、「地区間はマイクロ・バス」「他区間を結ぶものは大型バス」を使用することになる。新 ...

続きを読む »

ドラセーナ文体協=400人で盛大に創立70周年=田村会長「先人の遺産を次世代に」=記念誌刊行、記念プレート除幕も

式典で挨拶を述べる田村会長

 ドラセーナ文化体育協会(田村エルメス会長)は「ドラセーナ日本人会創立70周年、ブラジル日本移民110周年記念式典」を20日夜、同会館で開催した。今年は1988年に開催された「第3回世界ゲートボール大会」で同会ゲートボール部が優勝を飾ってから30年、さらに今年9月の「第15回全伯太鼓大会」ジュニアの部で同会太鼓部「清心太鼓」が優 ...

続きを読む »