2018年10月6日の記事一覧

《ブラジル》ミナス州=保育園の放火事件から1年=今も後遺症に悩む子供や家族

放火事件直後の保育室(Polícia Militar/Divulgação)

 ミナス・ジェライス州北部のジャナウーバ市の保育園で起きた、警備員による放火事件から、5日で丸1年となったが、この事件で負傷した子供やその家族は、今も後遺症などに悩んでいる。  この事件では警備員と教師3人、子供10人が死亡し、50人の負傷者が出たが、現在も、火傷のために親に完全に依存しなければならない子供が何十人もいるという。 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選=ボウソナロが討論会蹴り、他局に出演=他候補からは批難殺到=グローボではハダジも槍玉=明日、運命の投票日

5日付フォーリャ紙でのボウソナロ氏とハダジ氏

5日付フォーリャ紙でのボウソナロ氏とハダジ氏  4日、一次投票前では最後となるテレビでの大統領選討論会がグローボ局で行われたが、支持率1位のジャイール・ボウソナロ氏は、「医師から止められた」として出演しなかった。ところが、同じ時間帯のレコルデ局の番組では独占インタビューを受け、他候補から批判を浴びた。5日付現地紙が報じている。 ...

続きを読む »

パラグアイでブラジル人密売者の救出阻止=ブラジルと同国の警察が協力し=2日にはトンネルも発見

地中に隠されていた武器や弾薬(Divulgação/PF)

 ブラジル連邦警察とパラグアイの国家麻薬犯罪防止局が4日、パラグアイの首都アスンシオンで収監中のブラジル人の麻薬密売者マルセロ・フェルナンド・ピニェイロ・ヴェイガことマルセロ・ピロット(以下、ピロット)救出作戦を企てていたブラジル人5人を逮捕、大量の武器も押収したと5日付ブラジル国内紙サイトが報じた。  ピロットはリオを本拠とす ...

続きを読む »

《ブラジル》ダッタフォーリャ調査で7割が民主政治希望=この半年間で数値が急増

 ダッタフォーリャの最新調査によると、国民の約7割が民主政治を最良の統治方法だと考えていることがわかり、この数値が過去最高を記録したと、5日付フォーリャ紙が報じている。  これは3、4日に全国389市、1万930人を対象に行った調査の結果だ。それによると「民主主義が最良の統治」と考えている人が69%、「軍政の方がよい」と考えてい ...

続きを読む »

《ブラジル》子供の日商戦の伸びは去年以下?=74億レで1・5%の予想

 全国商業連合(CNC)が4日、今年の子供日商戦の売上は、昨年比1・5%増の74億レアルとの予想を発表したと5日付エスタード紙が報じた。予想通りなら、今年の同商戦の伸び率は昨年より1%ポイント小さくなり、過去17年間で最小となるという。  子供の日商戦は歳末商戦の前哨戦で、その伸び率は、種々の商品を製造する会社にとっても大切な意 ...

続きを読む »

《サンパウロ州》知事選でフランサが追い上げ見せる=三つ巴状態のまま投票に

 サンパウロ州知事選の世論調査で、現知事のマルシオ・フランサ氏(ブラジル社会党・PSB)が上位2人に肉薄し始め、混戦模様になりつつあると5日付現地紙が報じている。  サンパウロ州の知事選では、前サンパウロ市市長のジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)と、サンパウロ州工業連盟(FIESP)会長のパウロ・スカッフィ氏(民主運動・ ...

続きを読む »

《ブラジル》今年の夏時間は11月18日から

 テメル大統領が3日、今年の夏時間は11月18日からとする事を決めた。当初は、選挙の開票時間との関係で、11月4日からとしていたが、11月4日と11日に行う国家高等教育試験(Enem)の受験者が混乱しないよう、教育省が変更を求めていた。

続きを読む »

東西南北

 大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのところ、有名人たちの支持表明が続いているボウソナロ氏が、 ...

続きを読む »

二天古武道研究所=岸川代表が鎖鎌術で免許皆伝=海外初、島村第六代宗家から=20年越しの修練が実る

岸川代表、島村第六代宗家

 今年で創立25周年を迎えた二天古武道研究所(岸川ジョージ代表)が8月に、日本の二刀神影流鎖鎌術の島村収第六代宗家を招聘して、演舞やセミナーなどを行なった。初来伯となった島村第六代宗家は8月21~27日まで鎖鎌術を教えたほか、岸川代表に対し海外初となる免許皆伝を行なった。島村第六宗家は8月27日に帰国した。  島村第六代宗家は8 ...

続きを読む »

北海道協会=安平町被災者支援に立ち上がる=イカやニシン焼きを12日=ブラジル銀行で義援金受付け中

案内に来社した大沼会長、馬場第一副会長

 ブラジル北海道協会(大沼宣信会長)が北海道胆振(いぶり)東部地震で震度6強の被害を受けた安平町の支援のため『北海道安平町震災支援イベント』を12日(金)午前11時から午後3時半まで、聖市の同会館(Rua Joaquim Tavora, 605, Vila Mariana)で開催する。入場無料。  9月6日午前3時に北海道胆振地 ...

続きを読む »