2019年4月6日の記事一覧

《ブラジル》3年で750万人が貧困層に転落=極貧層は450万人増でほぼ倍増=資源バブル期の失政も指摘=「ばらまきより基本インフラ整備を」と助言

ブラジリア、大統領宮から2キロの距離に住む家族(参考画像・flickr / PT)  世界銀行(本部:米国ワシントン、以後「世銀」)は4日、グローバル経済が及ぼすラテン・アメリカ諸国の社会指標への影響を発表した。それによると、ブラジルでは、2014年~17年に貧困層が人口全体の17・9%から21%に増大したと、5日付ブラジル各紙 ...

続きを読む »

《ブラジル》北東部で続く大雨の被害=テレジーナでは3人死亡=フォルタレーザでも洪水

 北東部ではこの数日、強い雨が続いており、洪水その他の被害が出ている。中でも、ピアウイ州テレジーナでは4日夜、塀が壊れ、少なくとも3人の死者が出る事故も起きたと、4、5日付現地紙サイトが報じている。  ここ数年間は旱魃で苦しみ続けた北東部の人々は、秋に入って降り始めた雨で一息ついたが、ここ数日の雨は、各地に被害をもたらしている。 ...

続きを読む »

《サンパウロ市》現地紙がコーヴァス市長の1年を採点=危機管理と迅速対応で高評価

 前市長ジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)がサンパウロ州の知事選に出馬するのに伴って離任した事で、副市長だったブルーノ・コーヴァス氏(PSDB)がサンパウロ市長の座に就いてから1年が経った。  就任早々に起きたセントロ(市中央部)での大型ビル火災から始まり、11月にはマルジナル・ピニェイロスの高速車線の橋が大きくずれる事 ...

続きを読む »

特別寄稿=患者の要望「簡単な言葉で説明を」=難解な医療用語を分かりやすく=聖市ヴィラカロン在住  毛利律子

▼国立国語研究所「病院の言葉」委員会の提言    平成21(2009)年、国立国語研究所「病院の言葉」委員会が、医師、薬剤師、看護師など様々な分野や立場の医療関係の専門家に向けて、患者やその家族を相手に、病気や治療や薬の説明をするときに用いる言葉を分かりやすくする工夫をしようと提案した文書を公表した。  委員会がそのよ ...

続きを読む »

《ブラジル》テメル前大統領=サンパウロ州のLJでも被告に=逮捕劇以降、既に4件目

 【既報関連】サンパウロ州連邦地裁が4日、連邦検察庁サンパウロ州支局提出のミシェル・テメル前大統領に対する起訴状を受理したと4、5日付現地紙、サイトが報じた。これにより、前大統領は4件目の裁判での被告となった。  サンパウロ州地裁が受理した起訴状は、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)の一環で摘発された、リオ州のアングラ3原子力発電所建 ...

続きを読む »

サンパウロ州グアラレマ市=捜索継続でさらに6人逮捕=「裏に大型組織」と警察

 【既報関連】4日未明にサンパウロ大都市圏グアラレマ市で発生した銀行強盗未遂事件では、容疑者11人が死亡し、10人以上が逃亡した。逃亡者の捜索は翌5日も続き、昼過ぎまでに強盗関与容疑者4人、逃亡幇助容疑者2人の計6人が逮捕されたと、5日付伯字各紙・サイトが報じた。  5日に捕まったのは、強盗関与容疑の男性1人と、森に逃げ込んだ容 ...

続きを読む »

東西南北

 グアラレマの銀行襲撃事件の翌日、サンパウロ大都市圏ジアデマでまたも、通勤途中の銀行職員が強盗犯に拘束され、身体に爆発物を取り付けられるという事件が起こった。銀行員には携帯電話で指示し、金を出させようとの魂胆だったが、警察の特殊戦術行動グループ(GATE)が出動し、事なきを得た。被害にあった銀行は、前日グアラレマ市で襲われたのと ...

続きを読む »

国士舘再開発=110周年目玉計画ついに着工=パビリオン建設の起工式=7月の桜祭りまでに上棟へ

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)はブラジル日本移民110周年記念事業である「国士舘大学スポーツセンター再開発計画」の起工式を、3日午前10時に同センターで行った。昨年12月にサンロッケ市から工事許可が下りていた。起工式には文協関係者や、コチア青年連絡協議会、マレットゴルフ協会等の同地の利用者ら28人が出席。7月の桜祭り ...

続きを読む »

松柏・大志万運動会、13日に=「一致団結で優勝目指す」

 松柏学園・大志万学院(川村真由美校長)は「2019年運動会」を13日午前8時から午後4時半まで、SESIサントアンドレ(Praca Dr. Armando Arruda Pereira, 100, Santa Teresinha)で開催する。  今年のテーマは松、折り紙、五重塔、竹。一見運動会とは無縁のようだが、それぞれが運動 ...

続きを読む »

第41回聖州相撲選手権大会=4部門で約150人が競い合う

 ブラジル相撲連盟(土屋守雄オスカル会長)主催の「第41回聖州相撲選手権大会」が、先月24日、聖市ボン・レチーロ区の常設土俵場で行なわれた。  今回、初めて成年部門を加えた同大会。会場には幼年から成年まで4部門に参加する男女合わせた約150人の力士が集い、互いの実力を競い合った。  また、前日の23日には、10月に米国ハワイで開 ...

続きを読む »