2019年5月21日の記事一覧

《ブラジル》GDP成長予測12週連続で下方修正=昨年の予想値からは既に半分以下

 ブラジル中銀が毎週月曜日に発表する経済指標動向の予測集フォーカスが、現地時間の20日朝に発表された。  それによると、今年のブラジルのGDP成長率予測は12週連続で下方修正され、先週の+1・45%から+1・25%へと変更された。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会 ...

続きを読む »

ボウソナロ大統領=暫定令承認期限まで2週間切る=今こそ必要な議会との関係修復=無責任メッセージ拡散で反感買う=週末には親政権デモも実施?

まだ民衆からの支持は失っていないと信じている大統領だが…(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

まだ民衆からの支持は失っていないと信じている大統領だが…(Antonio Cruz/Agencia Brasil)  15日に発生した全国200以上の市での教育予算削減反対デモや、教育相の議会召喚決議案に307下議の賛成が集まるなど、ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)は先週、街頭、議会の両面からの圧力にさらされた。1月の政権 ...

続きを読む »

モロ法相=下院で政局調整に奔走=オニキスの次に多い面会議員数=セントロン会議にも出向く

モロ法相(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

モロ法相(Antonio Cruz/Agencia Brasil)  自身のトレードマークでもある犯罪防止法をなんとか通そうと、セルジオ・モロ法相が、下院相手に自ら政局調整(アルチクラソン)に奔走していると、19日付現地紙が報じている。  9日の両院合同委員会で、金融活動管理審議会(COAF)の管轄を法務省から経済省に戻す判断が ...

続きを読む »

《ブラジル》環境省=アマゾン基金出資国から苦情出る=8月の環境会議の開催も認める

サルバドールでの会議とCOP25への参加を発表するサレス環境相(José Cruz/Agência Brasil)

サルバドールでの会議とCOP25への参加を発表するサレス環境相(José Cruz/Agência Brasil)  リカルド・サレス環境相が17日に法定アマゾン保護のためのアマゾン基金のあり方を批判、14日には8月開催予定のサルバドールでの環境会議キャンセルを発表した事が、国内外で物議を醸したと14~20日付ブラジル国内紙、サ ...

続きを読む »

《サンパウロ州》ドリア知事「州立大学は削減しない」=ボウソナロ大統領と対象的発言

 サンパウロ州のジョアン・ドリア知事(民主社会党・PSDB)は17日、「サンパウロ州の州立大学に関しては支出を削減することはない」と発言した。18日付現地紙が報じている。  これはサンパウロ市のバンデイランテス宮で行われたイベントでの発言だった。そこにはドリア知事の他に、セルジオ・サー・レイトン教育局長、サンパウロ総合大学(US ...

続きを読む »

《ブラジル》北部、北東部で相次ぐ殺戮事件=計17人死亡、犯人らは逃亡

 ブラジル北部パラー州ベレンと、北東部バイーア州サルバドール近郊で、大量殺戮事件が発生。ベレンでは11人、サルバドール近郊では6人が亡くなったと、19、20日付現地紙・サイトが報じた。  ベレンで殺されたのは男性6人、女性5人だ。19日午後4時ごろ、被害者たちが市内グアマー地区のバーにいたところ、少なくとも7人以上いたと見られる ...

続きを読む »

東西南北

 18日夕方から24時間にわたって行われたサンパウロ市恒例の文化祭「ヴィラーダ・クウツラル」は、主催者発表で460万人を集める大盛況となった。だが、その最中の19日未明、最大の会場となったセントロのアンニャンガバウーのステージの客席で、乳母車に乗せられた1歳の男児が置きざりにされる事件が発生した。その乳母車を押していたのは男性で ...

続きを読む »

19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で

 日本政府は21日、2019年(令和元年)春の受勲者を発表した。伯国からは邦人7人、外国人12人の計19人が叙勲を受けた。一昨年は7人、昨年は13人と増えているが、在聖総領事館広報によれば「特に増えた理由はありません。審査した結果そうなったということです」とのこと。受勲者の一人、安永信一氏(71、三世)は、「とても嬉しい。自分一 ...

続きを読む »

菊池さん、日系社会の展望語る=コロニア今昔物語、28日

講師を務める菊地義治さん

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)による、日系社会やブラジル社会に貢献した日系人の記録を掘り起こす「コロニア今昔物語」が、今月28日午後6時半から文協ビル5階県連会議室(Rua Sao Joaquim, 381)で行なわれる。入場無料。  第21回目のテーマは「これからの日系コミュニティについて―その展望と提言」。サン ...

続きを読む »

休日のATM利用に要注意=高齢者狙ったカード詐欺か

 「母の日」だった12日(日)午前10時、東洋街の銀行で高齢者を狙ったカード盗難事件が発生した。被害者の戦後移民女性が来社して事件の詳細を語り、注意を呼びかけた。  被害者によれば、事件は聖市リベルダーデ区ガルボン・ブエノ通りのサンタンデール銀行で発生。休日なので現金自動預け払い機(ATM)はガラガラだった。奥から二番目の機械で ...

続きを読む »