2019年5月9日の記事一覧

《ブラジル》一部のUberドライバーがスト=運賃値上げなどを求め

 スマートフォンで気軽にタクシーを呼び出せ、車1台で自営タクシーを開業できるUberは、世界各国で普及している。  しかし、利用者にはうれしい安価な運賃も、ドライバーには儲けが少なく、5月10日に米国で予定されている株式新規公開(IPO)目前の8日、世界規模でドライバーのストライキ行為が発生。ブラジルでも8日午前0時から9日の午 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ氏が銃携行自由化の大統領令に署名=CACに対し、一気に許可=軍による承認も甘くなる=連邦議会での審議必要か

7日のボウソナロ大統領(Wulson Dias/Agencia Brasil)

 ボウソナロ大統領は7日、銃の携行を大きく緩和する大統領令に署名した。同令では、軍人と共に、猟師、射撃選手、収集家らに銃の携行を認めている。8日付現地紙が報じている。  今回の大統領令で恩恵を被るのは、在籍10年以上の兵士と、猟師(カサドール、C)、スポーツ射撃家(アチラドール・エスポルチーヴォ、A)、収集家(コレシオナドール、 ...

続きを読む »

《ブラジル》地域開発省を二つに分割大臣ポストを大型政党へ

ロドリゴ・マイア下院議長(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)

ロドリゴ・マイア下院議長(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)  ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)は7日、地域開発省を自治省と国家統合省に分割することに合意したと、8日付現地各紙が報じた。  これは、閣僚ポストを希望する政党に譲歩した方策だ。ただし、譲歩の交換条件は、「社会保障制度改革への賛成」ではない。 ...

続きを読む »

サンパウロ州スザノ市=17歳少年正式に収容へ=学校襲撃計画立案に関与?

 サンパウロ州スザノ市で3月13日に発生した州立校襲撃事件に関し、計画立案に参加した疑いで少年院に一時収容されていた17歳の少年に、正式な収容命令が出ていた事が明らかになったと8日付現地紙が報じた。  学校襲撃事件は、17歳のG.T.M.と25歳のルイス・エンリケ・デ・カストロの2人が、38口径の銃や弓矢、小型の斧を持って校内に ...

続きを読む »

《ブラジル》トルコでのテロ容疑者釈放=トルコ政府の迫害の可能性も

 エジソン・ファキン最高裁判事は7日、トルコでのクーデーター計画に関わっていたとの疑いで4月6日から拘留されていた、帰化トルコ人のアリ・シパヒ氏(レストラン経営者)の予備拘留処分を解いたと、8日付ブラジル各紙が報じた。  シパヒ氏は、2007年からブラジルに居住しており、2016年にブラジル国籍も取得した。ファキン判事は、シパヒ ...

続きを読む »

《ブラジル》PSDBMG支部がアエシオ残留を主張?=全国党大会前にドリアを意識か

 民主社会党(PSDB)全国党大会を前に、ミナス・ジェライス(MG)州支部でアエシオ・ネーヴェス氏を党に残そうとする動きが強くなっていると、8日付現地紙が報じている。  14年の統一選で大統領候補だったアエシオ氏は、17年に起きたJBSショックで、収賄罪による現行犯逮捕も危ぶまれた。以来、党内での居場所がなくなり、18年10月に ...

続きを読む »

東西南北

 6日夜、サンパウロ市北部ジャルジン・ペリ・アウトで殺戮行為が起こった。殺害現場はジェルヴァジオ・レイテ・レベーロ通りで、4人が即死し、1人が負傷した。負傷者は病院に運ばれ、一命を取り留めた。殺害には45口径の大きな銃とライフルが使われていた。3人の遺体はタクシー内から見つかり、運転手も死亡したと見られている。もう1人は路上に倒 ...

続きを読む »

援協=今年度予算5億レアル超え=評議員会と総会で承認=福祉援協との役割分担進む

総会の様子

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は定期評議員会と定期総会に加え、傘下の福祉団体を集めた「日伯福祉援護協会」(福祉援協)の臨時評議員会も4月27日に、援協ビル5階神内ホールで開催した。援協は今年60周年を迎える中、今年度予算が5億レアルを超えるという全伯日系団体最大の組織に成長し、伯国でも有数の優良経営を誇る医療福祉団体と ...

続きを読む »

憩の園を慰問、居合術披露=二天古武道研究所の青年部

記念の集合写真

 二天古武道研究所(岸川ジョージ代表)の青年部「隼グループ」が昨月7日に、社会福祉法人救済会「憩の園」を慰問した。生徒ら約20人は同施設に物品を寄付し、更に実践剣術、居合術等を実演し、70人程の高齢者を喜ばせた。  同部では、毎年2~3回福祉施設を慰問している。これは同研究所の「試合の強さだけではなく、慈悲の心があってこそ本当の ...

続きを読む »

文協全伯俳句大会8月18日=兼題「冬季一切」募集中

実行委員の皆さん

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は「第10回全伯俳句大会」を、8月18日午前9時(受付は8時)から文協1階13、14号室にて開催する。  参加費は50レアル。席題による俳句会、昼食会等が予定されている。  兼題の応募も受け付け中。締め切りは6月30日必着。投句料は無料。兼題は冬季一切、未発表作品で1人5句まで。送り先 ...

続きを読む »