ホーム | 連載 | 2007年 | 身近なアマゾン――真の理解のために | 身近なアマゾン(43)――真の理解のために=お経を唱え終わったら=機体は水平、眼下に緑の樹海

身近なアマゾン(43)――真の理解のために=お経を唱え終わったら=機体は水平、眼下に緑の樹海

2007年5月17日付け

□ネグロ川からの帰り道。飛行機に揺られて(3)
 そして一心に〔はよー!はよー!このパニックから解放してくれ、神様お願い!はよー、はよー〕心の中で大阪弁で叫んでいるのだ。
 時々知らぬ間に私の口から〔うわー!うわー!うわーー!〕という声が、自分の腹から出てくるうなりが、自分の耳に聞こえてくるのだ。
 そうしているうちに、上下左右運動の中で、はたと考えたのだ。このような状態で、どのくらい時間が経ったのだろうか。時計を見ると、もう四十分もこの状態が続いているのに気が付いた。こういう状況におかれていると、時間が物凄く長く感じられるが、その時、私の頭の中に別のことが浮かんだ。
〔燃料切れ?これはヤバイなー〕
 女房、子供の顔が突然脳裏に浮かんできた。
〔これは危ないかな?〕。
 サン・ガブリエルからテフェまでの飛行時間が一時間、余分に一時間分のリザーブ燃料を入れていたとしても、もうそろそろ燃料は空(から)、という時間にかかってきていた。
 この状態で嵐をやり過ごしても、〔空港まで到着するのに、燃料切れで墜落?〕という考えが頭の中を走りだした。新たな恐怖が出現。
 こうなったら頭の中は真っ白である。〔もう何も考えないでおこう〕と一生懸命自分で自分に言い聞かせて、念仏を唱え始めた。
 筆者は何故か浄土宗の浄土宗勤行式という〔お経〕を暗誦していたので、この時は助かった。こういう時に出てくるお経というのは、砂漠でオアシスのような作用がある。
 そうしてお経を一心に唱えていると、突然、本当に突然、[フーー]という感じで飛行機の揺れが止まったのだ。
 明るーい、なーんにも無い、水平飛行に〔ポッ〕と戻ってしまったのだ。自分も〔フーッ〕と大きな深呼吸、十秒前のことが、まるっきり嘘のような世界になった。
 しがみついていた前席背もたれの手を離し、明るくなった窓から外を覗くと、緑のアマゾンの樹海が眼下一杯に広がっていた。「助かった!あー助かったー」
 緑の樹海を見た瞬間、私の安堵の思いは、何物にも変えがたいものだったのだ。
 〔ほっ!〕として全身から力が抜けていた。しかし相変わらず心臓の鼓動は全く治らない。きっとスコールを伴う強烈な熱帯低気圧(テンポロン)に突っ込んでいったのだろう。
 機はそこから方向を修正して、のーんびり、本当にのーんびり、という感じで高度を下げながら、乾燥で湖の底が露出して牧草が生えて緑になってしまったテフェ湖を越えて、無事テフェ空港に着陸したのだった。
 ちなみに、飛行機から降りて一時間以上も心臓の鼓動が正常に戻らなかった。
 私のお陰で飛行機が二十分遅れて出発した、ということが幸運だったのか、不運だったのか〔神のみぞ知る〕、しかしこうして、この原稿を書いているということは、やはり、幸運だったように考えている。
 そして想像してしまったのだ、同じように一時間以上も彷徨して、雄鷹山に墜落した、日本航空ジャンボ機102便だったか、四百人以上の乗客の方々の「恐怖」がいかほどのものだったか、ということを。
 二〇〇七年一月現在、すでにサンガブリエルへは四十回は行った計算になる。毎回といってよいほどこの小型飛行機にのっているが、その毎回本文の恐怖を思い出している。しかし、その後同じような経験はないので救われている。できれば今後もこのような目には遭いたくないものだ、といつも考えている。つづく       (松栄孝)

身近なアマゾン(1)――真の理解のために=20年間の自然増=6千万人はどこへ?=流入先の自然を汚染
身近なアマゾン(2)――真の理解のために=無垢なインディオ部落に=ガリンペイロが入れば…
身近なアマゾン(3)――真の理解のために=ガリンペイロの鉄則=「集めたキンのことは人に話すな」
身近なアマゾン(4)――真の理解のために=カブトムシ、夜の採集=手伝ってくれたインディオ
身近なアマゾン(5)――真の理解のために=先進地域の医療分野に貢献=略奪され恵まれぬインディオ
身近なアマゾン(6)――真の理解のために=元来マラリアはなかった=輝く清流に蚊生息できず
身近なアマゾン(7)――真の理解のために=インディオの種族滅びたら=言葉も自動的に消滅?
身近なアマゾン(8)――真の理解のために=同化拒むインディオも=未だ名に「ルイス」や「ロベルト」つけぬ
身近なアマゾン(9)――真の理解のために=南米大陸の三寒四温=一日の中に〝四季〟が
身近なアマゾン(10)――真の理解のために=アマゾンで凍える?=雨季と乾季に〝四季〟感じ
身近なアマゾン(11)――真の理解のために=ペルー国境を行く=アマゾン支流最深部へ
身近なアマゾン(12)――真の理解のために=放置、トランスアマゾニカ=自然保護?改修資金不足?
身近なアマゾン(13)――真の理解のために=クルゼイロ=アクレ州の小川で=狙う未知の魚は採れず
身近なアマゾン(14)――真の理解のために=散々だった夜の魚採集=「女装の麗人」に遭遇、逃げる
身近なアマゾン(15)――真の理解のために=眩しい町サンタレン=タパジョス川 不思議なほど透明
身近なアマゾン(16)――真の理解のために=私有地的に土地占有=貴重な鉱物資源確保目的で
身近なアマゾン(17)――真の理解のために=近年気候変異激しく=東北地方、雨季の季節に誤差
身近なアマゾン(18)――真の理解のために=ピラニアよりも獰猛=サンフランシスコ川=悪食ピランベーバ

身近なアマゾン(19)――真の理解のために=異臭発しても観賞魚=円盤型、その名の意味は?
身近なアマゾン(20)――真の理解のために=ディスカスの自衛方法=筆者の仮説=「あの異臭ではないか」
身近なアマゾン(21)――真の理解のために=タパジョス川の上流に=今は少ない秘境地帯
身近なアマゾン(22)――真の理解のために=ゴールドラッシュの終り=河川汚染もなくなった
身近なアマゾン(23)――真の理解のために=環境破壊を防ぐ行動=国際世論の高まりのなかで
身近なアマゾン(24)――真の理解のために=乱開発された土地に大豆=栽培の競合もつづく
身近なアマゾン(25)――真の理解のために=コロンビアとの国境近くで=知人の訃報をきく悲哀
身近なアマゾン(26)――真の理解のために=インディオの「月」の解釈=ネグロ川上流できく
身近なアマゾン(27)=真の理解のために=肥沃な土地であるがゆえに=自給自足生活が営める
身近なアマゾン(28)――真の理解のために=モンテ・アレグレの壁画から=古代日本人の移住を思う
身近なアマゾン(29)――真の理解のために=人間に知られないまま絶滅=そんな生物も多かった?
身近なアマゾン(30)――真の理解のために=命を賭した移民の開拓のあと=説明できない悲哀が…
身近なアマゾン(31)――真の理解のために=漁師に捕獲されれば=食べられてしまう=ペイシェ・ボイ「雄牛魚」
身近なアマゾン(32)――真の理解のために=日本語を話した?カワウソ=すごく笑いがこみあげて来た
身近なアマゾン(33)――真の理解のために=自然保護活動と山火事=何億の動植物が灰になる?
身近なアマゾン(34)――真の理解のために=根本的な自然保護策は?=道をつくらないこと
身近なアマゾン(35)――真の理解のために=ブラジル全域で哀悼の意=英雄セナの死に際して
身近なアマゾン(36)――真の理解のために=忘れ得ぬセナの輝き=それはブラジルの輝き
身近なアマゾン(37)――真の理解のために=ダーウィンへの情報提供者=150年前、探検・採集していた
身近なアマゾン(38)――真の理解のために=命がけの採集仕事だった=ダーウィンの助手?=「ウォーレス線」で名残す
身近なアマゾン(39)――真の理解のために=ウォーレスの150年前の記述=ネグロ川、今と同じ状態
身近なアマゾン(40)――真の理解のために=インディオが通行料金徴収=先住だから=居留地の所有権?
身近なアマゾン(41)――真の理解のために=珍魚採集を欲張ると…=飛行機まで遅らせてしまう
身近なアマゾン(42)――真の理解のために=ネグロ川上空でパニック怖い!=機体〃落下〃の連続

image_print

こちらの記事もどうぞ